• きちびちゃん

2021年度

「はしもとみお 木彫展 いきものたちの交差点」関連イベント

「はしもとみお 木彫展 いきものたちの交差点」関連イベントを下記の通り開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。
※新型コロナウイルス感染症感染拡大防止等の観点から、変更・中止となる場合があります。
 
■会場は全て吉祥寺美術館 音楽室
■1回のお申し込みにつき2名様まで受付可
 
【音楽ライブ】(8/1 日時・出演者変更)
 日 時:9月11日(土)14:00~15:30→①13:00~14:00 ②15:30~16:30←①②どちらも満席のため受付終了しました
 出 演:山田稔明さん、近藤研二さん&イトケンさんも出演!
 定 員:40名→各回40名
 参加費:無料(当日の美術館入館券が必要)
 申 込:8月21日(日)10:00より、お電話または美術館窓口にて受付開始
 
 ※定員に達し次第締切(キャンセル待ちの受付はいたしません)
 
 
 
【ワークショップ】
はしもとみおさんと「木彫りのブローチをつくってみよう!」
好きな動物をモチーフにして、木彫りのブローチをつくります。
 
 日 時:9月12日(日)①9:30~12:30
           ②14:00~17:00
 講 師:はしもとみおさん
 対 象:中学生以上~(彫刻刀を使います)
 定 員:各回15名 ※応募者多数の場合は抽選
 参加費:3,500円(材料費込み)
 申 込:往復ハガキに ①希望時間帯 ②氏名(参加人数分) ③年齢 ④郵便番号 ⑤住所 ⑥電話番号 を明記の上、【武蔵野市立吉祥寺美術館「はしもとみお展」ワークショップ係】までお送りください。
     締切は、9月1日(水)〈消印有効〉まで。
     応募者多数の場合は抽選とし、結果は全員に通知します。
 
 ※汚れてもよい服装でお越しください
 ※つくりたい動物をプリントアウトした写真をお持ちください。
 
 
 
参加型イベント 8/12更新!
【愛猫の新たな魅力発見!みんなの猫の絵画展】
「はしもとみお 木彫展 いきものたちの交差点」に合わせて、みんなが描いた猫のデッサンを大募集!作品は展覧会の会場に展示します!
 
【募集要項】
■募集期間:8月16日(月)~9月17日(金)必着
■対象:どなたでも
■受付方法:封筒に入れて郵送のみ。持ち込み不可。
■作品規格:A5サイズ(14.8×21.0㎝)以内。画材は自由。
■参加費:無料(送料等は応募者負担とさせていただきます)
■展示場所:吉祥寺美術館 ロビー
■応募方法:A5サイズ以内の紙に猫のデッサン・猫のお名前を記載し、封筒に入れ、
【〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16コピス吉祥寺A館7階 武蔵野市立吉祥寺美術館「はしもとみお展」みんなの猫の絵画展係】までお送りください。
注意事項
応募は原則一人1点のみ。
応募作品は返却できませんので、ご了承ください。
この募集は、作品のコンテストではありませんので、受賞作品等の選出はありません。
応募作品は広報等に使用する場合があります。
応募者の個人情報(住所・氏名・電話番号)は、封筒にご記載ください。
個人情報については、本作品展の運営以外に使用することはありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

ワークショップ

募集は終了しました!→子どもたちの絵を大募集「ムサシノサウルス発見! 恐竜の絵を描こう!」

 

◆6月20日(日)必着! はがきサイズで描いて美術館に送ろう!→終了しました!

たくさんのご応募ありがとうございました。

子どもたちが一生懸命想像して描いてくれた

「ムサシノサウルス」は、

生き生きとエネルギーに満ちあふれています。

ご参加くださった子どもたち、

そしてご家族に皆さま、本当にありがとうございました。

 

子ども向け公募ワークショップ

吉祥寺美術館×恐竜絵本作家 黒川みつひろ

「ムサシノサウルス発見! 恐竜の絵を描こう!」

主催:武蔵野市立吉祥寺美術館<(公財)武蔵野文化事業団>

協力:小峰書店/こぐま社

 

井の頭恩賜公園の井の頭池から

恐竜の骨がみつかったよ!

はがきに、あなたが空想した「ムサシノサウルス」を描いて送ってね!

 

 

 

 

 

 

「ムサシノサウルス」って

いったいどんな恐竜だろう?

大きかったかな?

ツノはあるのかな?

羽毛は生えていたのかな?

いったい何を食べていたのだろう?

 

「ムサシノサウルス」の発見はフィクションです。通常、恐竜の化石は中生代の三畳紀、ジュラ紀、白亜紀の地層から発見されます。井の頭恩賜公園のある、武蔵野台地は中生代より新しい地層なので、恐竜化石は発見しにくいと考えられています。一部の骨だけで、恐竜の種類はわかりますが、ここではあえて種類を特定しませんでした。(黒川みつひろ)

 

 

左上/「ムサシノサウルスの骨」/右上・右下「リトルホーン」 ⓒMitsuhiro Kurokawa 2021

*「リトルホーン」は草食恐竜トリケラトプスの子ども。1992年に発刊以来、子どもたちに大人気の「恐竜トリケラトプス」シリーズ(小峰書店)の主人公です。新天地への旅を通して、いろいろな恐竜と出会い、成長していきます。

 

◆夏休みに、黒川みつひろと展覧会を作ろう!

 

みんなが自由に空想して描いてくれた「ムサシノサウルス」は、美術館で「黒川みつひろ」の原画といっしょに展示するよ。

 

 

 

【ワークショップの流れ】

 

① あなたが考えた「ムサシノサウルス」を、はがきサイズの紙に描いて、美術館宛てに郵送してください。クレヨンや、色鉛筆、水彩など、画材は自由です。

 

② 美術館で、黒川みつひろの「恐竜トリケラトプス」シリーズの絵本原画といっしょにみんなの絵を展示します。

 

③ 応募作品のなかから、次回の子ども向けワークショップ「絵本空間をみんなで作ろう! ムサシノサウルスの住む世界」(仮称)に登場する主人公のモデルを決定!

*2021年12月から開始予定/講師:小池アミイゴ

 

④ よく描けた3人のおともだちには、黒川みつひろのサイン入り絵本をプレゼント! 

※ご応募頂いた作品は返却致しません。ご了承ください。

 

【応募要項】

6月20日(日)必着 

※応募は1人1点のみ。持ち込みは不可です。郵送のみの受付です。

◆対象

 2歳から小学校6年生まで 

◆参加費 

 無料

◆作品規格 

 平面で紙を主体とし、「はがきサイズ」(14.8㎝×10㎝)で応募を。画材は自由。ただし、複写および、動画や画像での応募は不可。メール添付やFAXでの応募、ならびに規格(はがきサイズ)以外の作品は受け付けません。

◆応募期間 

 2021年6月20日(日)必着。

◆応募方法 

 「はがきサイズ」の紙を使用し、裏面に絵とサイン、表面に①氏名・ふりがな②郵便番号③住所④電話番号(ご連絡先)⑤年齢を明記の上、【〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 コピス吉祥寺A館 7階 武蔵野市立吉祥寺美術館 「恐竜の絵を描こう!」ワークショップ係】まで郵送を。

※サインは、展示の際にお名前がわかるように記載して下さい。ペンネームなど本名でなくてもかまいません。

※個人情報は当館が責任をもって管理し、イベントに関する目的以外には使用いたしません。

※会期中および、展示・撤去作業の際に、不慮の損害(汚損、破損、紛失など)の可能性があります。どうぞご了承ください。なお、破損しやすい作品について保険が特に必要な場合は応募者ご自身で保険加入の対応をお願いいたします。

※ご記載頂いたご連絡先は、絵本プレゼントの結果や、作品に不慮の損害が生じた際の応募者の皆さまへの通知のために使用させて頂きます。

※応募作品は、当館のHPなどで広報などを目的としても使用する場合があります。どうぞご了承ください。

※応募作品は、美術館以外の場所でも展示する場合がございます。

 

夏休みの展示について

「ムサシノサウルス大集合! 黒川みつひろといっしょに作る展覧会」

期間:2021年7月31日(土)~8月11日(水)

会場:武蔵野市立吉祥寺美術館 企画展示室内

入館料:100円(小学生以下無料)

 

黒川みつひろ(くろかわ・みつひろ) 恐竜絵本作家

1954年大阪市に生まれる。1988年カナダ・アルバータ州で恐竜化石を発掘体験する。恐竜、古生物について造詣が深く、恐竜絵本作家として活躍。子どもたちと恐竜の話をするのが好きで、各地で原画展、講演、ワークショップなども行う。主な絵本に『恐竜の谷』『新・恐竜たち』(いずれも こぐま社)、「恐竜の大陸」「たたかう恐竜たち」「恐竜だいぼうけん」シリーズ(いずれも 小峰書店)など、60冊以上。

(一社)日本児童出版美術家連盟会員