• きちびちゃん

2019年度

ワークショップ

ワークショップ 打ち込み象嵌(ぞうがん)でコースター作り

アルミ板に銅や真鍮(しんちゅう)を打ち込んで模様を付け、

籐で縁取りして仕上げるコースター作り。

講師は当館の「浜口陽三記念室」のプロフィール板を制作した、

鍛金(たんきん)作家の木寺由布子さんと、

バックや花かご、アクセサリーを手がける、バスケタリー作家の深井志乃さん。

鍛金という技法を用いて、金属の魅力に触れてみませんか?

日時:2019年11月30日(土) 13:00~16:00

講師:木寺由布子(鍛金作家)・深井志乃(バスケタリー作家)

対象・定員:小学4年生以上 10名 ※小学生の方は必ず、保護者同伴でお願いします

参加費:1000円 ※当日受付にして支払い

申込方法:電話・メールのいずれかで、「①ワークショップ名 ②住所 ③氏名 ④年齢(小学生は学年も) ⑤電話番号 」を明記の上、11月20日(水)《必着》までに、吉祥寺美術館ワークショップ係までお申し込みください。1回のお申し込みにつき、1名さまのみ。応募者多数の場合は抽選とし、結果は別途全員にご連絡します。

<電話> 0422-22-0385

<メール> museum-ws@musashino-culture.or.jp

 

上:講師作例

<木寺由布子 Yuko Kidera>

東京学芸大学大学院修了。

2007年に「第29回日本新工芸展」にて「日本新工芸賞」を受賞、その後も受賞を重ねる。

2010年に「スタジオ錬」設立。

公益社団法人 日本新工芸家連盟会員。

金鎚を用いて金属の板や棒を叩いて成形する鍛金技法を用いて

インテリア、エクステリアのほか、照明や花器、ジュエリーなどの制作を行い、

国内外の展覧会で作品を発表している。

歌を歌っている女性をモチーフにした“歌うたひ“シリーズや、

踊っている女性をモチーフにした作品などがある。

 

<深井志乃 Shino Fukai>

籐やアケビ・アルミ・シルバー・革などの材料を使い、

バッグ・花かご・アクセサリー・テーブルウェアを手がける。

色彩に興味があり染色に適した籐を使うことが多く、個展やグループ展で作品を発表。

2008年に「公益財団法人 日本クラフトデザイン協会」が主催する「日本クラフト展」、

翌2009年に「公益社団法人 日本ジュエリーデザイナー協会」が主催する「日本ジュエリーアート展」に初入選。その後も受賞を重ねている。

 

 

「小畠廣志 木に呼ばれる」関連イベント

「小畠廣志 木に呼ばれる」関連イベントを下記の通り開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。

・(2)~(3)は参加申込が必要です。電話(吉祥寺美術館:0422‐22‐0385)、FAX(吉祥寺美術館:0422-22-0386)または美術館受付カウンターにて承ります。

FAXでお申込みの場合は、①申込者名(フルネームで、2名まで可)、②必ず連絡の取れる電話・FAX番号を明記のうえ、必ず申し込み開始日時以降に送信ください。確認後、担当者より連絡いたします。

 本展イベントはールでの受付はいたしません。また、キャンセル待ち受付はございませんので、あらかじめご了承ください)。

・1回のお申込みにつき2名様まで受付いたします。

・お申込み受付開始日がそれぞれ異なりますので、お間違いの無いようご注意ください。

 

(1)スペシャルトーク *終了しました

  講師 小畠 刻時(スタジオ鼎 ディレクター)

  日時 2019年8月10日(土)14:00より16:00頃まで 

  定員 70名

  会場 吉祥寺美術館 音楽室

  *予約不要、参加無料(ただし当日の入館券が必要、定員を超えた場合は入室できません)

 

(2)野外彫刻ミニ鑑賞ツアー  *終了しました

  講師 坂口 寛敏(美術家、東京藝術大学名誉教授、(公財)武蔵野文化事業団理事)

  日時 ①2019年7月27日(土)

     ②2019年8月31日(土)

     ①②とも10:00より11:00頃まで 

     ※悪天候の場合は中止となります。中止の場合は前日または当日朝に担当者から

      連絡をいたします。

  定員 各回10名

  参加費 無料 

  場所 武蔵野総合体育館前庭、武蔵野市役所前庭

     *9:55武蔵野総合体育館正面口に集合、終了後は武蔵野市役所前で解散

     *帽子や水分補給のための水筒などは適宜ご持参ください

  申込開始 ①7月13日(土) ②8月17日(土) 

       いずれも10:00よりそれぞれ先着順で受付開始、定員に達し次第締め切り

  

(3)ワークショップ〈木でつくろう!ちいさな彫刻〉 *終了しました

  講師 内平俊浩(彫刻家)、江幡三香(彫刻家、スタジオ鼎代表)

  日時 2019年8月24日(土)①13:30より14:30まで ②15:00より16:00まで

  定員 各回10名

  参加費 1人1,000円(入館料含む)

  会場 吉祥寺美術館 音楽室

     *汚れてもよい服装でお越しください。

     *彫刻刀をお持ちの方(使用に慣れている方)はご持参ください

     *小学生以下の方は必ず保護者のかたと一緒にご参加ください

  申込開始 ①②とも8月1日(木)10:00より先着順で受付開始、定員に達し次第締切 

 

 

「移ろう季節を感じて-所蔵作品より-」関連イベント

「移ろう季節を感じて-所蔵作品より-」関連イベントを下記の通り開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。
 

1)2)3)すべて、4月7日(日)10:00より、お電話(0422-22-0385)または美術館窓口にて受付開始。

 定員に達し次第締切。

1)2)3)すべて、1回のお申し込みにつき2名様まで受付可。(キャンセル待ちの受付はいたしません)

■参加費はすべて 一人1,000円(材料費込み)

■汚れてもよい服装でお越しください。

■会場はすべて 武蔵野市立吉祥寺美術館 音楽室

 

1)【終了しました】親子で挑戦!水彩モノタイプ

塩ビ版に水彩絵具で描いた絵を、プレス機で紙に転写します。プレス機を回して、版画ができあがる瞬間を楽しもう!
 
日時:5月5日(日)
   ①10:00~12:00、②13:30~15:30
講師:常田泰由(版画家、東京造形大学非常勤講師)
定員:各回7組(幼稚園以上小学生以下のこどもとその親)
 
 
 
2)【終了しました】永沢まことのペン一本で絵を始めよう 
  デモンストレーションと実技指導

愛用のスニーカー、バッグ、帽子、アクセサリーや文房具、ぬいぐるみ、マグカップなど身近なモチーフをペンによる線描で描き、透明水彩絵具で着彩します。
 
日時:5月19日(日) 13:00~16:30
講師:永沢まこと(イラストレーター)
定員:16名
 
 
 
3)【終了しました】水彩モノタイプを制作しよう
 
モノタイプとは、版に直接描画したイメージを紙に転写する、一枚(モノ)限りの版画表現です。水彩モノタイプならではの、色や形を楽しみます。
 
日時:5月26日(日)
   ①10:00~12:00、②13:30~15:30
講師:常田泰由(版画家、東京造形大学非常勤講師)
定員:各回10名