• きちびちゃん

小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ

 2015年4月4日(土)~5月17日(日)

会期中の休館日:4月30日(木)

  

 小林路子は「きのこ」を描き続けています。

 1986年、書籍『キノコの不思議』(森毅編、光文社)の挿絵の仕事を機に、その魅力にとりつかれ、以来約30年間、山野に通い、「きのこ」を探し、絵に描く、という暮らしを重ねてきました。多種多様な「きのこ」と出会い、その一体一体と忠実に向き合い続けることで、緻密で類まれなる「きのこ」画の世界を築き上げた小林は、現在、日本の菌類画の第一人者ともいえる存在です。長年の観察と蓄積された知識にもとづくその描写はまた、学術界からも認められ、植物・菌類図譜の世界的コレクションを誇るイギリスのキュー王立植物園にも作品の一部が収蔵されています。

 「ボタニカル(=植物の)・アート」とは一味異なる菌類画のテイスト。迫真的で幻想的で魅惑的な「きのこ」の森の入口へと皆さまをお招きします。

 ニオイベニハツ      アシベニイグチ

ホウキタケコガネキヌカラカサタケ

 

上・左より: 「ニオイベニハツ」、「アシベニイグチ」、「ホウキタケ」、「コガネキヌカラカサタケ」 (c)小林路子 ※禁転載