• 携帯サイトはこちら
  • *クリックで拡大

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく

 2016年4月9日(土)~5月29日(日)

会期中の休館日:4月27日(水)、5月25日(水)

主催:武蔵野市立吉祥寺美術館  協力:河出書房新社

 

 1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』など不朽の名作を生み、幅広いジャンルを手掛けてきた萩尾望都。竹宮惠子や大島弓子など同時期に人気を集めた漫画家らとともに「花の24年組」と呼ばれ、1970年代の少女漫画黄金期を築きました。

 そうした中で1975年に発表された『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、その華麗なる登場が当時の漫画界に衝撃を与えます。以後、『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍)、『スター・レッド』、『マージナル』、『バルバラ異界』などの名作を世に送り出し、今も多くのファンを魅了してやみません。

 本展覧会では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラストレーション、コミック生原稿など、200点を超えるSF原画が大集合。惑星に魅入られた奇跡の漫画家・萩尾望都が描きだした星々が(きらめ)く、夢の展示空間が実現します!

 

関連イベント(対談)情報はこちら

 

萩尾望都(はぎお・もと)

1949年、福岡県大牟田市生まれ。1969年『ルルとミミ』でデビューする。SF界では、星雲賞コミック部門で3度もの栄冠(1980年に『スター・レッド』、1983年に『銀の三角』、1985年に『X+Y』で受賞)という金字塔を打ち建て、2006年には『バルバラ異界』で日本SF大賞を受賞。また2012年に少女漫画家としては初めて紫綬褒章を受章している。現在「月刊YOU」(集英社)にて『王妃マルゴ』を連載中。