• きちびちゃん

美の造形言語

 美の造形言語

 会期:2019年6月13日(木)~11月10日(日)

 会期中休館日:2019年6/26(水)、7/4(木)、7/9(火)~7/19(金)、7/31(水)、8/28(水)、

        9/9(月)~9/20(金)、9/25(水)、9/30(月)、 10/30(水)

 

 萩原は「抽象絵画はどうしたらわかるだろうか」という質問に対して、常に「とにかく、できるだけ沢山の作品を見ることです」と答えていたといいます。美術を色と形による造形言語と捉え、絵の中の色と形が見る者に語りかけてくる内容こそが芸術的な価値を決めると考えていた萩原にとって、鑑賞者としての在り方は、作り手としての制作理念にもつながります。本展では、1959年制作の《サーカス》の画面の中に存在する、赤、黄、白、青、茶といった色と、四角や丸などの単純なフォルムに着目。展示中のそれぞれの画面から、それぞれの“色”と“形”を感じ取り、語りかけてくる“言葉”に耳をすませていただくのが狙いです。萩原によって生み出された“造形言語”を通して、皆さんは何を感じるでしょうか? 自分らしく自由に、美しい“色”と“形”の世界を楽しんでいただければ幸いです。

 

 

萩原英雄 《サーカス》 1959年 

 

萩原英雄略歴    
1913(大正2)年   山梨県甲府市に生まれる
1932(昭和7)年 19歳 白日会第9回展に油彩「雑木林」出品、光風
会展第19回展に油彩「上り道」出品
1938(昭和13)年 25歳 東京美術学校(現東京藝術大学)油画科卒業
1951(昭和26)年 38歳 銀座資生堂で「萩原英雄(油彩)」個展開催
1956(昭和31)年 43歳 銀座養清堂画廊で「萩原英雄版画」個展開催、
日本版画協会、第24回展出品、以後、第43回展を除き出品を重ねる
1960(昭和35)年 47歳 第2回東京国際版画ビエンナーレで神奈川県立近代美術館賞受賞
1962(昭和37)年 49歳 第7回ルガノ国際版画ビエンナーレでグランプリ受賞
1963(昭和38)年 50歳 第5回リュブリアナ国際版画ビエンナーレで
ユーゴスラビア科学芸術アカデミー賞受賞
1966(昭和41)年 53歳 第5回東京国際版画ビエンナーレで文部大臣賞受賞
1967(昭和42)年 54歳 第1回チェコスロバキア国際木版画ビエンナーレでグランプリ受賞
2007(平成19)年   11月東京で歿、享年94歳