• きちびちゃん

企画展示室

青龍社の女性画家 小畠鼎子

~苦しみながら描くことの楽しみ~

会期:2017年1月14日(土)~2月26日(日)

会期中休館日:1月25日(水)、2月15日(水)、2月22日(水)

《青艶》 1937年 紙本着色 155×270㎝ 第9回青龍展出品

 

《葡萄》 1945年 紙本着色 181×135.5㎝ 第17回青龍展出品

 

小畠鼎子(こばたけ・ていこ 1898-1964)は、大正末期から昭和にかけ吉祥寺に暮らした日本画家です。師・川端龍子が昭和4(1929)年に創立した青龍社に当初より参加し、65歳で亡くなるまでの35年間、一貫して活動拠点を同社に置き、〈主婦〉として4人の子どもを育てながら、ひたむきに画に向かい続けました。

 

武蔵野市では、鼎子没年に受贈した1点に加え、当館開館前の平成8(1996)年にはご遺族から〈まくり〉状態 ―木枠やパネルから外された、本紙のみの状態。多くのものは、巻かれて保管されていました。― の鼎子作品46点の寄贈を受け、以来、修復処置を段階的に進めて参りました。本展では、平成26年度から28年度までに額装作業が完了した受贈後初公開作品を中心に、戦前・戦中・戦後にかけて制作された約20点の大作をご覧いただきます。

 

現存作例や文献資料に乏しく、また、残された作品それぞれも決して雄弁とは言えないながら、それらを通じて私たちは、身近な草花・鳥・動物に丹念に注がれた鼎子の視線に接近し、そして、鼎子が見つめた〈戦争〉への直面を迫られることとなるでしょう。

 

描くこと、あるいは思いのままに描けないことに苦しみながら、筆を持つ時間「只それのみの世界に入る事」を楽しんだ、鼎子。忘れられた女性画家の画業を、今、あらためて振り返ります。

 

  

左:《突進》 1943年 絹本着色 183×134㎝ 第11回春の青龍展出品

右:《増産》 1944年 紙本着色 181×135㎝ 第16回青龍展出品

 

 

  

左:《寒暁》 1945年 紙本着色 183×128㎝ 第13回春の青龍展出品

右:《紅梅》 1952年 紙本着色 184.5×139㎝ 第20回春の青龍展出品

 

 

左:《冬を楽しむ》 1954年 紙本着色 122×181㎝ 第22回春の青龍展出品  

右:《雛誕生》 1960年 紙本着色 137×182㎝ 第28回春の青龍展出品

※作品はすべて武蔵野市蔵

 

■小畠鼎子略年譜

明治31(1898)年 2月、神田美土代町に生まれる。

大正 4 (1915)年 東京府立第一高等女学校卒業。この頃より日本画家・池上秀畝に師事。

大正 9 (1920)年 婦人世界主催第1回女流日本画展覧会入選。

大正10(1921)年 婦人世界主催第2回女流日本画展覧会入選。

大正11(1922)年 遠藤辰之助と婚姻、吉祥寺に転居。結婚後、川端龍子に入門。

大正13(1924)年 第10回日本美術院試作展に《巣籠》入選。

昭和 4 (1929)年 第1回青龍展に《山百合》入選。以後青龍展に35回連続入選。

昭和 9 (1934)年 青龍社社友となる。

昭和23(1948)年 青龍社社人となる。

昭和39(1964)年 1月、吉祥寺の自宅にて没。享年65歳。