• きちびちゃん

浜口陽三記念室

 ぶどうとレモン

 会期:2020 年10月1日(木)~2021年2月28日(日)

 会期中休館日:2020年10/21(水)~10/30(金)、11/25(水)、12/14(水)~2021年1/8(金)

        1/27(水)、2/17(水)、2/24(水)

  

 

 浜口陽三の静物画には果物が頻繁に登場します。なかでも、“ぶどう”は、浜口がメゾチントの手法を用い始めた1950年代初めからすでに画面に現れ、パリのベルグリューン画廊と専属契約を結ぶきっかけにもなった《スペイン風油入れ》(1954年)にも描かれています。浜口は、特に象徴的な意味を込めて”ぶどう”を描いていたというわけではなかったようですが、その後、カラーメゾチントの手法においても主要なモチーフのひとつとなっていきました。ひとつひとつの粒の形態や房のボリューム、色の違いまでじっくりと観察された”ぶどう”。本展では、初期作品から多用されている”レモン”にも焦点をあて、「ぶどうとレモン」が浜口の眼を通して、どのように描かれているのかに注目します。

 さらに、本展では会期中、「ぶどうとレモン」にちなみ、YouTube動画配信を通して、子ども向けワークショップ「おいしいぶどう すっぱいレモン」よーくみてから、かいてみよう! を開催(2020年10/1から配信開始)。講師に迎えた「彦坂木版工房」制作の木版画もあわせて展示します。浜口陽三と「彦坂木版工房」よく見て描いた「ぶどうとレモン」を、どうぞじっくりと楽しんでください。

 

 

 

 

 

左上)浜口陽三《スペイン風油入れ》1954年 / 右上)浜口陽三《2色のぶどう》1979年 

左下)浜口陽三《赤い皿》1969年 / 右下)浜口陽三《1/4のレモン》1960年

 

浜口陽三略歴

 

 

1909(明治42)年   和歌山県広川村に生まれる
1930(昭和5)年 21歳 東京美術学校(現東京藝術大学)彫刻科中退、 パリに移住
1933(昭和8)年 24歳 サロン・ドートンヌに出品
1938(昭和13)年 29歳 パリで水彩画と版画の最初の個展開催
1953(昭和28)年 44歳 関野準一郎、駒井哲郎と共に日本銅版画家協会を創設
1954(昭和29)年 45歳 第1回現代日本美術展で「スペイン風油入れ」と「ジプシ-」が佳作賞受賞
1957(昭和32)年 48歳 第1回東京国際版画ビエンナーレで国立近代 美術館賞受賞、
第4回サンパウロビエンナー レ国際美術館グランプリ受賞
1961(昭和36)年 52歳 第4回リュブリアナ国際版画ビエンナーレグ ランプリ受賞
1977(昭和52)年 68歳 第12回リュブリアナ国際版画ビエンナーレサ ラエボ美術アカデミー賞受賞
1982(昭和57)年 73歳 北カリフォルニア版画大賞展グランプリ受賞
2000(平成12)年   12月東京で歿、享年91歳