• きちびちゃん

浜口陽三記念室

 黒のうちとそとに

 会期:2021 年3月4日(木)~5月30日(日)

 会期中休館日:2021年3/31(水)~4/9(金)、4/28(水)、5/26(水)

 浜口陽三のつくりだす黒は、天鵞絨びろうどのように私たちの視線を包みこみます。そして、私たちを画面のうちへと引きこみ、あるいは画面のそとに静かにひろがる空間を実感させるのです。

この浜口ならではの黒をつくるために、彼は、重労働である版の下地づくりを、決して職人任せにはせず自らの手でおこないました。「あえていうなら、ぼくの作品で大切なのは光かもしれない。闇に対する光という意味でね。だから闇、つまり黒の部分はもっと大切なんです」。

カラー・メゾチントの開拓者として名を知られた浜口。しかし、技巧としてはカラー・メゾチントのほうがより難しいけれども、作品の内容としては「黒は非常に難しい」と語っています。彼は木炭による素描にもさかんに取り組んでいましたが、それは、黒によって「あるものとあるものの区別」を表現することの修練である以上に、黒の奥ゆきを確かめる作業であったのではないでしょうか。

あわせて、今回は、“表”と“裏”を主題とする画家・(たに)(みつ)()(1945年生まれ)のシルクスクリーン作品をご覧いただきます。谷の色面は、通例シルクスクリーンの特徴であるきっぱりとした切れ味ではなく、視線をたじろがせるような朧な調子によって成りたっています。表か裏か、はたまた画面のうちかそとか。まさに白黒つけられない様相は、二元的な思考をほどいてゆくようです。

うち、あるいはそと、どちらか一方にとどまることなく、無限のあわいを往来する。その振幅こそ作品がもつ奥深さであり、ひいては生きることの豊かさなのかもしれません。

*「」内引用はすべて『浜口陽三著述集 パリと私』(2002年、玲風書房)から

上)浜口陽三《くるみ》1959年  

下)浜口陽三《メロンと筆》1955年

 

浜口陽三略歴

 

 

1909(明治42)年   和歌山県広川村に生まれる
1930(昭和5)年 21歳 東京美術学校(現東京藝術大学)彫刻科中退、 パリに移住
1933(昭和8)年 24歳 サロン・ドートンヌに出品
1938(昭和13)年 29歳 パリで水彩画と版画の最初の個展開催
1953(昭和28)年 44歳 関野準一郎、駒井哲郎と共に日本銅版画家協会を創設
1954(昭和29)年 45歳 第1回現代日本美術展で「スペイン風油入れ」と「ジプシ-」が佳作賞受賞
1957(昭和32)年 48歳 第1回東京国際版画ビエンナーレで国立近代 美術館賞受賞、
第4回サンパウロビエンナー レ国際美術館グランプリ受賞
1961(昭和36)年 52歳 第4回リュブリアナ国際版画ビエンナーレグ ランプリ受賞
1977(昭和52)年 68歳 第12回リュブリアナ国際版画ビエンナーレサ ラエボ美術アカデミー賞受賞
1982(昭和57)年 73歳 北カリフォルニア版画大賞展グランプリ受賞
2000(平成12)年   12月東京で歿、享年91歳