• きちびちゃん

萩原英雄記念室

心のむこう

 会期:2021 年3月4日(木)~5月30日(日)

 会期中休館日:2021年3/31(水)~4/9(金)、4/28(水)、5/26(水)

「抽象作品を制作する時、私は、下絵になる原画を作らない」と萩原はいいます。「版の順番は頭の中で決める。版に直接別々の形を彫っていき、彫り上がったら、最初の版に、頭の中に描いた色を作ってつけ、摺り、次の版にまた別の色をつけて、摺り、また次の…と繰り返していって、最後の版を摺りおえると、出来上がっている」。萩原によると、それは「完成形」が既に頭のなかにできている、ということではありません。彼自身にも不思議だったようですが、はじめは漠としていたものが、「板をにらんでいるうちに見えてくるイメージに導かれて」制作をすすめるなかで、完成してゆきます。それはまるで、意志の以前に存するもの、心のむこうにあるものが、萩原の身体をとおって、純粋なままに画面に出現しているかのようです。

萩原は当初、写生を主眼として絵画制作に取り組んでいました。しかし1953年、結核を患い、療養所での生活を余儀なくされます。病身で写生もままならず、描くものへのアプローチのしかたを転換する必要に迫られた彼は、大きな決心のもと、「対象を見ないで描く勉強」に打ち込みました。そのことが、彼を「より内的な表現」に向かわせ、さらには、純粋であり無垢であるもの、「心でしか感じ得ない」もの―すなわち、彼がいうところの「抽象」―の表現へと深化してゆきました。萩原の不思議な制作工程は、そうしたなかで自然に成立したのでしょう。

一枚の平面のうえから展開される、はてしないひろがり。私たちは、萩原英雄が出現させるそのひろがりに身を置くことによって、私たち自身の心のむこうを感覚することになるのです。 

*「」内引用はすべて萩原英雄著『美の遍路』(1996年、日本放送出版協会)から

上:萩原英雄《追憶(A)》1986年

下:萩原英雄《追憶 No.06》1988年

 

萩原英雄略歴    
1913(大正2)年   山梨県甲府市に生まれる
1932(昭和7)年 19歳 白日会第9回展に油彩「雑木林」出品、光風
会展第19回展に油彩「上り道」出品
1938(昭和13)年 25歳 東京美術学校(現東京藝術大学)油画科卒業
1951(昭和26)年 38歳 銀座資生堂で「萩原英雄(油彩)」個展開催
1956(昭和31)年 43歳 銀座養清堂画廊で「萩原英雄版画」個展開催、
日本版画協会、第24回展出品、以後、第43回展を除き出品を重ねる
1960(昭和35)年 47歳 第2回東京国際版画ビエンナーレで神奈川県立近代美術館賞受賞
1962(昭和37)年 49歳 第7回ルガノ国際版画ビエンナーレでグランプリ受賞
1963(昭和38)年 50歳 第5回リュブリアナ国際版画ビエンナーレで
ユーゴスラビア科学芸術アカデミー賞受賞
1966(昭和41)年 53歳 第5回東京国際版画ビエンナーレで文部大臣賞受賞
1967(昭和42)年 54歳 第1回チェコスロバキア国際木版画ビエンナーレでグランプリ受賞
2007(平成19)年   11月東京で歿、享年94歳