• きちびちゃん

"どんくまさん"が大活躍の人形劇 図書館×美術館でYouTube動画 絵本を原作に2本公開 

2021年3月30日

 

柿本幸造の絵本の世界! 図書館×美術館のコラボ動画公開第2弾

『どんくまさんは ゆうびんやさん』

『どんくまさんは えきちょう』

 

柿本幸造(1915-1998)が描く、心あたたまる絵本の世界。「としょかん×びじゅつかん どっきんどようび どんくまさん にんぎょうげき」は、柿本幸造の人気シリーズ「どんくまさん」を原作とした人形劇を撮影した動画です。撮影場所は、図書館。たくさんの本を背景に、物語は進んでいきます。2本の動画は、2020年に公開した「どんくまさんからのおねがい」に続く、吉祥寺美術館と吉祥寺図書館とのコラボレーション企画の第2弾となります。

 

可愛らしい「どんくまさん」の仕草と優しい音楽にのせて、絵本の画家・柿本幸造が描いた『どんくまさんは ゆうびんやさん』(至光社 1979年/絵:柿本幸造 文:蔵冨千鶴子)と『どんくまさんは えきちょう』(至光社 1972年/絵:柿本幸造 文:蔵冨千鶴子)の挿絵原画が、随所に盛り込まれています。

 

人形操演はNHKの番組などで活躍中の山田はるかさん、朗読と劇中歌は、さぼてん高水春菜さん。出演者のおふたりをはじめ、音楽家や演出家、カメラマン、照明スタッフなど、すばらしい才能が集結しました。

柿本幸造の優しく美しい絵本の世界をご家族ご一緒に、ぜひお楽しみください!

※吉祥寺美術館で2018年の秋に開催した「心をつなぐあたたかな色 柿本幸造の絵本の世界展」の関連イベントから始まったプログラムです。

 

 

『どんくまさんは ゆうびんやさん』

いつも失敗ばかり。でも、心優しい主人公の”どんくまさん”が、大好きな自転車に乗って、ゆうびんやさんに挑戦です。いつも、お手紙を待っている、うさぎのおばあさんのことが気になって仕方がないどんくまさんは…。

 

『どんくまさんは えきちょう』

機関車が大好き。“どんくまさん”は憧れの駅長さんになりました。ハラハラドキドキなある冬の日のできごと。制服姿がよく似合う”どんくまさん”が大活躍。

 

©️ Kozo Kakimoto,武蔵野市立吉祥寺美術館,武蔵野市立吉祥寺図書館  2021

★この動画の無断転載はご遠慮ください。