スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団

2012年7月2日(月)午後7時開演
武蔵野市民文化会館 大ホール
出演
スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団
レオシュ・スワロフスキー(指揮)
ヤン・スラヴィク(チェロ)
チケット
全席指定
一般5,000円 友の会4,000円
完 売

プログラム
スメタナ:わが祖国 より 『モルダウ』
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界』

アンコール
J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調 BWV1011~サラバンド (*チェロ)
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第15番 ハ長調 作品72-7


スロヴァキア随一の実力と人気を誇る栄光の名門
チェコスロヴァキア時代にはチェコ・フィルと人気を二分。チェリビダッケ、ムーティ、アバド等が指揮し、ウィーン芸術週間、ベルリン芸術週間等の音楽祭に出演した栄光の管弦楽団が登場。ナクソス等から 30 枚を越えるCDを発売するスロヴァキアの名チェリストが日本で1度だけの独奏。