マルティン・ハーゼルベック オルガン・リサイタル

  • pic1
  • pic2
2014年3月7日(金) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
マルティン・ハーゼルベック(オルガン)
チケット
全席指定
一般 2,500円 友の会2,000円
完 売

プログラム
ウィーンゆかりの作曲家の作品で贈る“ウィーン・プログラム”
J.S.バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
モーツァルト:アンダンテ ヘ長調 K.616
ハイドン:音楽時計のためのオルガン作品集
リスト:「泣き、嘆き、悲しみ、おののき」(バッハのカンタータによる変奏曲)
ケルル:カップリッチョ「かっこう」、バッターリア
ムファット:トッカータ第7番
A.ハイラー:タンツ・トッカータ
ハーゼルベック:即興

アンコール
バルバトル:プロヴァンス地方のノエル

楽都"ウィーン"を体現するオルガンの巨匠
アバド、ムーティ、マゼール、F.ルイージ、サヴァリッシュなどと共演するほか、ウィーン楽友協会「黄金のホール」の新オルガン披露演奏会に出演した、巨匠オルガニストの公演が実現!これまでに50枚越すソロCDをリリースし、ドイツ・シャルプラッテン賞、ディアパソン賞、ハンガリー・リスト賞など数多くの受賞歴を誇る。
ハプスブルク家の王宮内にあり、現在もウィーン少年合唱団が毎週日曜日のミサで歌うことで知られる、ウィーン王宮礼拝堂オルガニストが贈る「至福のウィーン・プログラム」。楽都ウィーンが育んだ5世紀にわたるオルガン音楽を聴く!