ロータス弦楽四重奏団 ベートーヴェン後期弦楽四重奏曲連続演奏会

2018年3月20日(火) 午後7時開演
21日(水・祝) 午後2時/7時開演
※全2日・3公演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
ロータス弦楽四重奏団
小林幸子(第1ヴァイオリン)
マティアス・ノインドルフ(第2ヴァイオリン)
山碕 智子(ヴィオラ)
齋藤 千尋(チェロ)

チケット
全席指定
1回券
一般 2,000円 友の会 1,800円
3公演セット券
一般 5,400円 友の会 4,800円
1回券(第1回)の予約はこちら
1回券(第2回)の予約はこちら
1回券(第3回)の予約はこちら
3公演セット券の予約はこちら
※未就学児はご入場いただけません。

プログラム
・第1回 3月20日(火) 午後7時開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番
ベートーヴェン:大フーガ 変ロ長調

・第2回 3月21日(水・祝) 午後2時開演
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番 ~ベートーヴェンへのオマージュ~
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番

・第3回 3月21日(水・祝) 午後7時開演
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番

※曲目は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

ベートーヴェン、後期カルテットの深き森
メロス弦楽四重奏団、ラ・サール弦楽四重奏団の薫陶を受け、25年にわたりカルテットの本場ドイツで演奏を続ける名手たち。ロンドン国際、パオロ・ボルチアーニ国際などカルテットの登竜門で入賞を果たし、いま世界で活躍する唯一にして最強の和製カルテットが渾身の精力を解き放つ連続3公演!


※改修前とは座席数・配置が異なっております。新しい座席表はこちら