アイラム・エルナンデス テノール・リサイタル

2018年4月16日(月) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
アイラム・エルナンデス(テノール)
フリオ・アレクシス・ムニョス(ピアノ)
チケット
全席指定
一般 2,500円 友の会 2,000円
※未就学児はご入場いただけません。
完 売

プログラム
ドニゼッティ:歌劇《愛の妙薬》より〈人知れぬ涙〉
ヴェルディ:歌劇《椿姫》より〈燃える心を〉
グノー:歌劇《ファウスト》より〈この清らかな住まい〉
ドニゼッティ:歌劇《ランメルモールのルチア》より〈わが祖先の墓に〉
ヴェルディ:歌劇《リゴレット》より〈女心の歌〉
------
ロドルフォ・アルフテル:《陸の船乗り》 Op.27
 1.〈なんて高いバルコニー〉2.〈船乗りの花嫁〉3.〈渚の夢を見る時はいつも〉
 4.〈夏〉5.〈海を見ようとして嘆く〉
トゥリーナ:《カンシオーネス形式による詩》 Op.19
 1.〈捧げ物〉(ピアノ独奏)2.〈忘れない〉3.〈カンターレ〉
 4.〈二つの恐怖〉5.〈至上の愛〉
フェデリコ・モレノ・トローバ:サルスエラ《ルイサ・フェルナンダ》より〈この心地よいマドリードの一隅から〉
パブロ・ソロサバル:サルスエラ《港の居酒屋》より〈そんなことはあり得ない〉
ホセ・セラーノ:サルスエラ《女たらしの結託》より〈スペイン風に〉

※曲目の一部が変更となりました。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


聴き慣れた美しい歌の数々
その恵まれた身体から美声が炸裂する。ドレスデン歌劇場、チューリヒ歌劇場などに出演し、サンティ、ルイージ、アルミリアートなどと共演を果たしたスペインの"ライジングスター"が初来日!スペイン屈指のピアニストとともに繰り広げる、至高のアリア&歌曲傑作!