ロシア・ナショナル管弦楽団

  • pic1
  • pic2
2018年6月14日(木)午後7時開演
武蔵野市民文化会館 大ホール地図
出演
ロシア・ナショナル管弦楽団
ミハイル・プレトニョフ(指揮・芸術監督)
奥井紫麻(ピアノ)
チケット
全席指定
S席:一般 6,000円 友の会 5,400円
A席:一般 5,000円 友の会 4,500円

プログラム
グラズノフ:組曲「中世より」前奏曲
グリーグ:ピアノ協奏曲
ストラヴィンスキー:火の鳥(1945年版)

世界最高クラスのオーケストラを"超破格値で"!

サンクトペテルブルク・フィルと並ぶロシア最高クラスのオーケストラ、ロシア・ナショナル管弦楽団。ドイツ・グラモフォンなどから発売した60枚以上のCDは、グラミー賞をはじめ、あらゆる賞を総なめ。またゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管と共演した13歳の天才少女・奥井紫麻(ピアノ)が留学中のモスクワより本公演のために帰国!音楽を心から愛するあなたに絶対おすすめの公演です。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。


↓ グリーグのピアノ協奏曲を演奏する奥井紫麻さん。(オーケストラはロシア・ナショナル管弦楽団ではありません。)