ラケル・ロヘンディオ ソプラノ・リサイタル

2018年4月13日(金) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
ラケル・ロへンディオ(ソプラノ)
フリオ・アレクシス・ムニョス(ピアノ)
チケット
全席指定
一般 2,500円 友の会 2,000円
完 売

プログラム
ルーナ:《ユダヤの子》より 〈スペインから来た娘〉
グラナドス:組曲《ゴイェスカス》より〈嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす〉
モンポウ:《夢の戦い》より〈あなたの上には花ばかり〉〈あなたは海のよう〉
オブラドルス:松林にて
チャピ:サルスエラ《セベデオの娘たち》より〈とらわれ人の歌〉
トゥリーナ:《カンシオーネス形式による詩》Op.19 より〈カンターレ〉
------
プッチーニ:歌劇《ラ・ボエーム》より〈私の名前はミミ〉〈私が街を歩けば〉
ドヴォルザーク:歌劇《ルサルカ》より〈月に寄せる歌〉
マスネ:歌劇《タイス》より 〈鏡のアリア〉
グノー:歌劇《ファウスト》より 〈宝石の歌〉
※曲目の一部が変更となりました。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

スペイン歌曲&オペラアリア名曲
ベルガンサの信厚きスペイン屈指の名ピアニスト・フリオ・アレクシス・ムニョスが絶賛!ベルリン・フィル、ボストン響などと共演し、テアトロ・レアル、トリエステ・G.ヴェルディ歌劇場などにデビューした、スペインの新星歌手が初来日!


※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。