ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団

2018年10月5日(金) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団
ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(第一ヴァイオリン)
ベンジャミン・モリソン(第二ヴァイオリン)
ゲハルド・マルシュナー(ヴィオラ)
ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(チェロ)
チケット
全席指定
一般 3,000円 友の会 2,700円
完 売

プログラム
ハイドン:弦楽四重奏曲 ハ長調 Hob.III:77 op.76-3 「皇帝」
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第7番 へ長調 op.59-1「ラズモフスキー第1番」
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K.387「春」

ウィーン・フィルの弦楽四重奏団
現役ウィーン・フィルメンバー4名が集結!
ウィーンの伝統を継承し次世代につなげる重責を担う、ウィーン・フィル公認のカルテットが登場。日本初公演となる今回は、彼らが最も心血を注ぎ、手中におさめるウィーン楽派の作品を披露します。
この秋、絶対の自信でお贈りする「ウィーンの響き」をお聴き逃しなく!


※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。