プラハ国立劇場オペラ『フィガロの結婚』

  • pic1
  • pic2
2019年1月7日(月)午後6時30分開演
武蔵野市民文化会館 大ホール地図
出演
フィガロ:ヤン・シュチャーヴァ
スザンナ:金城由起子
アルマヴィーヴァ伯爵:イージー・ハーエク
伯爵夫人:アルジュヴェータ・ポラーチェコヴァー
ケルビーノ:ヴァーツラヴァ・ホウスコヴァー
----
指揮:エンリコ・ドヴィコ 
プラハ国立歌劇場管弦楽団・合唱団
チケット
全席指定
S席一般 14,500円 友の会 13,000円
A席一般 13,000円 友の会 11,000円
B席一般 10,000円 友の会 9,000円
C席一般 8,000円 友の会 7,200円

"モーツァルトが愛し、モーツァルトを愛した劇場"
今や世界中で愛される傑作オペラ「フィガロの結婚」。初演時さほど人気を集めなかった本作が熱狂的に受け入れられ、広く世に知られるようになったきっかけが、このプラハ国立劇場の上演でした。その後「ドン・ジョヴァンニ」がこの劇場のために書き下ろされるなど、まさにモーツァルトと"相思相愛"の本劇場が、新年の幕開けに来日!
プラハでの公演は全公演完売、現地で絶賛された名プロダクションが贈る、"観る者を幸せにする"モーツァルトの傑作オペラです。

*未就学児のご入場はご遠慮下さい。
*出演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。