コンチェルト・ケルン

  • pic1
  • pic2
2019年2月11日(月・祝) 午後3時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
コンチェルト・ケルン
ヴァレア・サバドゥス(カウンター・テナー)
チケット
全席指定
一般 6,000円 友の会 5,400円
完 売

プログラム
ダッラーバコ:合奏協奏曲 ニ長調 Op.5-6 
ヘンデル:アリア「オンブラ・マイ・フ」(歌劇「セルセ」HWV40/セルセ)
ジャコメッリ:アリア「愛、義務、尊敬」(歌劇「シリアのアドリアーノ/ファルナスペ) 
ヴィヴァルディ:協奏曲 イ長調 RV158
ヘンデル:アリア「愛する花嫁よ」、「風よ、旋風よ」(歌劇「リナルド」HWV7/リナルド)
ヘンデル:シンフォニア「シバの女王の到着」(オラトリオ「ソロモン」 HWV67)
カルダーラ:シンフォニア へ短調(オラトリオ「アベルの死」)
カルダーラ:アリア「私はその善き羊飼い」(オラトリオ「アベルの死」/アベル))
ポルポラ:アリア「哀れみは消え去り」(歌劇「アンジェリカ」/ティルシ)
ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 Op.3-11 「調和の霊感」より
ポルポラ:アリア「至高のジョーヴェ(ジュピター)」、「おお、これが運命か」(歌劇「ポリフェーモ」/アーチ)

ドイツ古楽界“御三家”の一角
レオンハルト、ブリュッヘン、ヘレヴェッヘ等の巨匠と共演を重ね、名門ソニー・クラシカル等から50枚以上のCDをリリース。 グラミー賞、ディアパソン・ドール等を多数受賞する、ドイツ屈指の古楽オーケストラが登場。
共演は、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げる、次世代のスター歌手・ヴァレア・サバドゥス。祝日の午後、#世界屈指 のアンサンブルが武蔵野を揺らす!!


※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。