結城座 「江戸写し絵」体験ワークショップ in武蔵野プレイス

  • pic1
  • pic2
2018年12月23日(日・祝)
午前10時30分~12時
武蔵野プレイス 1階ギャラリー地図
出演
結城座座員
チケット
入場無料
(「種板(フィルム)」作成体験は定員28名、現地にて整理券を午前10時より配布。見学は入場自由)

プログラム
①江戸写し絵の歴史の説明
②江戸写し絵の機材と技法の説明
③参加者による「種板(フィルム)」作成(参加定員28名)
④ミニ発表会

江戸時代のアニメ「写し絵」を体験しよう!
1月公演「結城座 宮沢賢治の写し絵劇場 ~注文の多い料理店~」の関連ワークショップを武蔵野プレイスで開催!

映画より100年も早く登場し、世の人々を驚かせた「江戸写し絵」は、まさに日本アニメの原点!
何人もの人たちが動きながら、手持ちの幻燈機(プロジェクター)で色とりどりの絵を組み合わせ、レトロでダイナミックな映像ショーを実現します。
今回のワークショップでは、江戸写し絵の秘密をたっぷり解説するほか、写し方の実演や体験、そして実際にフィルムに絵を描き、“自分だけの写し絵”を作るコーナーも!
もちろん、見学や解説を聴くだけでも、お楽しみいただけます。
江戸の人たちを魅了した幻燈機(マジック・ランタン)「写し絵」の魅力を、結城座がたっぷりお伝えします!


~予定内容~

①江戸写し絵の歴史の説明
結城座に伝わる「江戸写し絵」の歴史と代表的な作品
②江戸写し絵の機材と技法の説明
「風呂(手持ちのプロジェクター)」「種板(フィルム)」の 仕組みの説明、写し方実演と体験。
③参加者による「種板(フィルム)」作成(参加定員28名)
6㎝×6㎝のOHPシートにマジックペンでカラフルな色を使い ながら写してみたい絵を描きます。
④ミニ発表会
参加者が作成した「種板」を使ってミニ発表会を行います。 6㎝×6㎝の小さな原画(フィルム)が風呂で映写すること により2mに大きくなったり、幽霊のようにフェードイン・フェードアウトしたり…写し絵の多彩な表現の面白さや他の方 の絵も楽しんでください!

 

※  1月の公演の詳細についてはこちら ⇒12日(親子公演)  / 13・14日(一般公演)
※「種板(フィルム)」作成のみ、参加定員28名(午前10時より現地にて整理券配布)とさせていただきます。なお見学(立ち見)はどなたでも可能です。

※やむを得ない事情により、内容が変更となる場合があります。ご了承ください。