ウィーン少年合唱団

2019年5月16日(木)午後7時開演
武蔵野市民文化会館 大ホール地図
出演
ウィーン少年合唱団
カペルマイスター: マノロ・カニン
チケット
一般 S席 5,000円 A席 4,000円
友の会 S席 4,500円 A席 3,600円
25歳以下 1,000円(要証明・枚数限定) *4歳以下のお子様のご入場はご遠慮下さい。

プログラム
【日本・オーストリア修好150年記念プログラム】
第1部
オルフ:カンタータ《カルミナ・ブラーナ》より〈おお、運命の女神よ〉
ヴィアダーナ:《正しき者よ、主によって喜べ》
メンデルスゾーン:《羊飼いはよみがえられた》
ハイドン:オラトリオ《天地創造》より〈天は神の栄光を語り〉
ブラームス:《3つの宗教合唱曲》より〈喜ばしき天の女王〉
ブラームス:《詩篇13番》
ゲーリンガー:《死と愛》
バンキエーリ:《3声のためのカプリース》《動物たちの対位法》
-------
第2部
ピアソラ:《リベルタンゴ》
ディ・カプア/マッズッキ:《オー・ソレ・ミオ》
ロジャーズ:映画『サウンド・オブ・ミュージック』より《エーデルワイス》
滝廉太郎:《荒城の月》
上皇后陛下*御作詞 山本正美作曲:《ねむの木の子守歌》
岡野貞一:《ふるさと》
ヴィルト:《Peace Within(内なる平和)》
オーストリア民謡:《納屋の大戸》
ヴンシュ:《今日、天使たちがウィーンにやってくる》
ヨーゼフ・シュトラウス:《水兵のポルカ》
J・シュトラウスⅡ世:《雷鳴と稲妻》
J・シュトラウスⅡ世:《美しく青きドナウ》
*2019年5月1日以降の表記を使用しています。

"天使の歌声"
シューベルトが団員をつとめ、モーツァルトと共演。500年もの間、人々から愛され続ける名門中の名門少年合唱団・ウィーン少年合唱団。カラヤン、ベーム、バーンスタイン、ムーティなど世界の名指揮者が指揮し、ウィーン・フィルと度々共演!
前回公演のチケットは早々に完売した人気公演が、ふたたび武蔵野に。

協力:むさし野ジュニア合唱団「風」



※当公演は、4歳以下のお子様はご入場いただけません。未就学児のお客様も1人1枚チケットが必要です。
※都合により予告なく内容の一部に変更が生じる場合がございます。ご了承下さい。