松居直美 J.S.バッハ:オルガン作品全曲演奏会《第8回》

2018年6月15日(土) 午後2時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
松居直美(オルガン)
鈴木美紀子(ソプラノ)
鈴木陽代(コラール日本語訳詞朗読)
チケット
全席指定
1回券 一般 1,800円 友の会 1,500円
2回セット券(第8回と第9回のセット券)
一般 3,000円 友の会 2,500円

※2回セット券は、2公演とも同一座席へのご案内となります。
第8回(6/15)の1回券予約はこちら
第9回(11/16)の1回券予約はこちら
セット券予約はこちら
完 売

プログラム
J.S.バッハ:
前奏曲とフーガ ハ長調   BWV545
前奏曲とフーガ ニ短調   BWV539
キリストは死の縄目につながれたり BWV695
イエス、わが喜び BWV713
前奏曲とフーガ ヘ短調 BWV534
いと高きところには神にのみ栄光あれ BWV717
前奏曲とフーガ イ短調  BWV543
-----
前奏曲とフーガ ト長調   BWV541
われはいずこにか逃れゆくべき  BWV694
いまぞ喜べ、汝らキリストの徒よ BWV734
われは汝により頼む、主よ BWV712
前奏曲とフーガ イ長調  BWV536
われらキリストの徒 BWV710
幻想曲とフーガ ト短調  BWV542

※当初の発表より、曲順、曲目の一部が変更となりました。
 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

大フーガ、そしてコラール

オルガニスト松居直美が、年2回6年をかけ、200曲以上に及ぶバッハのオルガン作品の全曲演奏に取り組みます。幼い頃から常にオルガンと共に歩み、オルガンを愛してやまなかったバッハ。作曲年代順に沿ったプログラムで、バッハの音楽、そして人生の変遷を辿ります。

第8回目となる今回は、「大フーガ」の名称でおなじみの「幻想曲とフーガ ト短調」、そしてヴァイマル時代後期に書かれた「前奏曲とフーガ」6曲、そしてオルガン・コラール曲集をお贈りします。鈴木美紀子(ソプラノ)、鈴木陽代(コラール日本語訳詞朗読)との共演もお見逃しなく!

※未就学児はご入場いただけません。 ※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約下さい。
※車椅子席は電話及び窓口でのみ販売いたします。ご了承ください