フィンランド・リコーダー四重奏団《ブラヴァーデ》

2019年9月8日(日) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
フィンランド・リコーダー四重奏団
《ブラヴァーデ》

パウリ―ナ・フレッド
ハンナ・ハーパマッキ
スニヴァ・ファガーランド
ハンナ・カンガスニエミ
チケット
全席指定
一般 2,500円 友の会 2,000円
25歳以下 1,000円
(要証明・枚数限定・友の会割引なし)
完 売

プログラム
ジョン・ダウランド:ご婦人がたをつかむこつ
タルクィニオ・メールラ:ナイチンゲール
ピエール・サンドラン:甘き思い出
ヤン・ピーテールスゾーン・スウェーリンク:涙のパヴァーヌ
石井眞木:ブラック・インテンションⅠ(1976) 抜粋
作曲者不詳:暗闇こそわが喜び
J.S.バッハ:『さまざまな手法による18のライプツィヒ・コラール』より
      18.われは汝の御座の前に進む BWV668
ヘンリー・パーセル:シャコンヌ ト短調 Z730
セバスチャン・ファーゲルルンド:Windways
-------
フィンランド民謡:夏の夕べの散策
J.S.バッハ:『フーガの技法』BWV1080より コントラプンクトゥス1
オッリ・ヴィルタペルコ:Thinner above the sea
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲 ト短調「夜」Op.10 RV439 第2楽章
廣瀬量平:イディール(田園詩)
ザムエル・シャイト:ジョン・ダウランドの主題によるガイヤルド
J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ハ長調 BWV545
ヴィヴァルディ:協奏曲集『和声と創意の試み』第1集「四季」抜粋
フィンランド民謡:夕暮れの歌~ここでひとり、私は歌う

※当初の発表より曲目の一部が変更となりました。何卒ご了承くださいますしょう、お願い申し上げます。

森と湖の国の清冽な笛の音
フランダース・リコーダー・カルテットの薫陶を受け、ドレスデン音楽祭、ブルージュ古楽祭に出演する、世界でも数少ない常設のリコーダー・カルテット。
東京で1回限りとなる本公演をぜひお見逃しなく!


※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。
※車椅子席は電話及び窓口でのみ販売いたします。ご了承ください。

助成:The Swedish Cultural Foundation in Finland
後援:フィンランド大使館