アロド弦楽四重奏団

2020年4月21日(火) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
ジョルダン・ヴィクトリア(ヴァイオリン)
アレクサンドル・ヴ(ヴァイオリン)
タンギー・パリソ(ヴィオラ)
サミー・ラシド(チェロ)
チケット
全席指定
一般 2,000円 友の会 1,500円
25歳以下 1,000円
(要証明・枚数限定)
完 売

プログラム
シューベルト:弦楽四重奏曲第4番 ハ長調 D.46
シューベルト:弦楽四重奏曲第12番《四重奏断章》 ハ短調D.703
シューベルト:弦楽四重奏曲第14番 ニ短調 D810『死と乙女』

難関ミュンヘン国際コンクール優勝!!
ウィーン楽友協会、ベルリン・フィルハーモニーなど 世界の檜舞台に次々デビュー!ヨーロッパの弦楽四重奏団としては初の快挙となる、初アメリカ・ツアーでいきなりカーネギーホール出演!アルテミス弦楽四重奏団の薫陶を受け、ニールセン国際室内楽コンクールでも優勝。今、最も注目されるカルテットによる、オール・シューベルト・プログラム。

 

※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。
※車椅子席は電話及び窓口でのみ販売いたします。ご了承ください。