【公演中止】マルコ・メンコボーニ チェンバロ&オルガン・リサイタル | 公演情報">

【公演中止】マルコ・メンコボーニ チェンバロ&オルガン・リサイタル

2020年5月11日(月) 午後7時開演
武蔵野市民文化会館 小ホール地図
出演
マルコ・メンコボーニ(チェンバロ、オルガン)
チケット
全席指定
一般 2,500円 友の会 2,000円
25歳以下 1,000円
(要証明・枚数限定)
完 売

プログラム
第1部:オルガン(イタリア)
ロッコ・ロディオ:リチェルカーレ第2番(1575年ナポリ)
ジョヴァンニ・マリア・トラバーチ:トッカータ第1番(1615年ナポリ)
ジョヴァンニ・マリア・トラバーチ:「リチェルカーレ、フランス風カンツォーナ、カプリッチオ第2集」より(1603年ナポリ)
クラウディオ・メールロ:トッカータ第1番(1604年)
クラウディオ・メールロ:カンツォン・ラ・ボヴィア(1592年ヴェネツィア)
ジローラモ・カヴァツォーニ:リチェルカーレ第1番(1542年ヴェネツィア)
ヴィンツェンツィオ・ペレグリーニ:カンツォン・ラ・ジェンティル(1599年ヴェネツィア)
ジローラモ・フレスコバルディ:「チェンバロ、オルガンのためのトッカータ、タブラチュア曲集」より(1637年ローマ)
ヨハン・ヤコブ・フローベルガー:トッカータ イ調
ベルナルド・ストラーチェ:戦いのバッロ
---------------------------------------------------------------------------
第2部:チェンバロ(フランス)
ジャン=アンリ・ダングルベール:シャンブンエール氏のトンボー(1689年)
ルイ・クープラン:組曲イ短調~ボーアン手稿譜(1660年頃、フランス国立図書館蔵)
アントワーヌ・フォルクレ:「父アントワーヌ・フォルクレのヴィオール曲集によるクラヴサン編曲集」より(1747年)
ジャン・フランソワ・ダンドリュー:ため息(1724年)
ジョセフ=ニコラ=パンクラス・ロワイエ:「クラヴサンのための小品集第1巻」より(1746年)
クロード・ベニーニュ・バルバトル:ラ・リュジャック(1759年)

【公演中止のお知らせ】

「マルコ・メンコボーニ チェンバロ&オルガン・リサイタル」は、新型コロナウィルス感染症拡大により、出演者の居住するイタリアの出入国が難しい状況となりました。招聘元音楽事務所と協議を重ねましたが、諸事情を鑑み、中止させていただくこととなりました。

チケットを購入されているお客様の返金方法については、こちらのページをご参照ください。ご迷惑をおかけしますことを深くお詫びいたします。

 

花咲けるバロック音楽
グスタフ・レオンハルトの薫陶を受け、ジョルディ・サヴァールのエスペリオンXXのメンバーとして活躍した幻の名手が遂に初来日!古楽祭の音楽監督を務めるほか、自らが創設した古楽グループを率いて長年にわたり、欧州の著名古楽祭に出演する名匠が、バロック音楽の美味しいところを余すところなくお届けします。
 

※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者・曲目等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。
※車椅子席は電話及び窓口でのみ販売いたします。ご了承ください。