第8回武蔵野市国際オルガンコンクールは全日程を終了致しました。
ありがとうございました。
ライブ配信(入賞者披露演奏会)

9月18日(月・祝)14時~ 入賞者披露演奏会 の模様をライブ配信致します。


上記で再生出来ない場合はこちらへ(YouTubeサイトに飛びます)。


結果発表

第8回武蔵野市国際オルガンコンクールの結果は、以下の通りとなりました。
受賞者の皆さん、おめでとうございます。

1位 アマンダ・モール(アメリカ)
2位 トーマス・エドウィン・ゲイナー(ニュージーランド)
3位 カテリン・エマーソン(アメリカ)
4位 千田寧子(日本)
5位 木村理佐(日本)

聴衆賞 千田寧子
ライブ配信(本選・表彰式)

9月17日(日)13時~ 本選
の模様をライブ配信致します。


上記で再生出来ない場合はこちらへ(YouTubeサイトに飛びます)。


本選出場者

本選の出場者が決定致しました。(名字のアルファベット順)

千田寧子(日本)
カテリン・エマーソン(アメリカ)
トーマス・エドウィン・ゲイナー(ニュージーランド)
木村理佐(日本)
アマンダ・モール(アメリカ)
第2次予選出場者

第2次予選の出場者が決定致しました。(名字のアルファベット順)

千田寧子(日本)
チェ・ヘジョン(韓国)
カテリン・エマーソン(アメリカ)
トーマス・エドウィン・ゲイナー(ニュージーランド)
カロリーナ・ユオデリテ(リトアニア)
木村理佐(日本)
アナスタシア・コフビク(ロシア)
アマンダ・モール(アメリカ)

※第1次・第2次予選は、審査委員に誰が演奏しているかを知らせない「カーテン(ブラインド)審査」を実施しております。
そのため、演奏の順番は当日のホワイエでの 掲示のみの発表となります。ご了承下さい。
※タイムスケジュール及び出演順・選択曲は、当日ホワイエの掲示をご覧下さい。
審査委員変更のお知らせ

審査委員のスーザン・ランデールは、残念ながら健康上と家族の理由により、来日できなくなりました。
代わって、デヴィッド・ティッターリントンが審査に当たります。


オルガンコンクール プレイベント
街角コンサート

無料で気軽に楽しめるコンサート!小型オルガンが武蔵野市内各所で響きます。
予約は必要ありませんので、当日直接会場へお越し下さい。

(先着順、来場者多数の場合は入場制限を行う場合がございます。)

※名前をクリックすると詳細ページに飛びます。

終了しました
大木麻里(オルガン)
村山貴幸(トランペット)
6.11(日)14:00/15:30

武蔵野クリーンセンター
(武蔵野市緑町3-1-5)

終了しました
荒井牧子(オルガン)
廣海史帆(ヴァイオリン)
8.20(日)14:00

吉祥寺南町コミュニティセンター ホール
(武蔵野市吉祥寺南町3-13-1)

定員100名

終了しました
梅干野安未(オルガン)
萩森花菜(朗読)
小さなオルガンとめぐる
『葉月にまつわるオトコトバ』
8.26(土)13:00/16:00

武蔵野プレイスギャラリー
(武蔵野市境南町2-3-18)

終了しました
山口綾規(オルガン)
9.3(日)14:00/16:00
アトレ吉祥寺ゆらぎの広場
(武蔵野市吉祥寺南町1-1-24)

17:30
武蔵野タワーズ前
(武蔵野市中町l-12-10)
終了しました
松居直美(オルガン)
鈴木美紀子(ソプラノ)
9.11(月)12:00

武蔵野市役所 1階ロビー
(武蔵野市緑町2-2-28)


第8回武蔵野市国際オルガンコンクール
1次予選出場者

第8回武蔵野市国際オルガンコンクールのCD/DVDオーディションには、16ヶ国より57名の応募がありました。2/14(火)、武蔵野スイングホールにおいてCD/DVDオーディションが行われ、通過者15名が決定致しました。

(国籍別人数:ベルギー1、カナダ1、フランス3、ドイツ4、ハンガリー3、イタリア1、日本16、韓国8、リトアニア3、ニュージーランド1、ノルウェー1、ポーランド2、ロシア4、スペイン1、イギリス2、アメリカ6)

審査は、小林英之(上野学園大学教授)、ユルゲン・エッスル(シュトゥットガルト音楽大学教授)、ファッサン・ラスロ(リスト音楽院講師)の3名によって行われました。

以下、CD/DVDオーディションを通過した15名が第1次予選の参加者となります。
(掲載はアルファベット順です)

アン・エリ(韓国)
千田寧子(日本)
チェ・ヘジョン(韓国)
カテリン・エマーソン(アメリカ)
トーマス・エドウィン・ゲイナー(ニュージーランド)
カロリーナ・ユオデリテ(リトアニア)
木村理佐(日本)
アナスタシア・コフビク(ロシア)
マーク・クリストファー・マクドナルド(カナダ)
メキシュ・ペーター(ハンガリー)
アマンダ・モール(アメリカ)
オ・グレース・ウネ(アメリカ)
クシシュトフ・オストロフスキ(ポーランド)
モナ・ロゼストヴェンスキテ(リトアニア)
タバイディ・アダム(ハンガリー)

 

 

第8回武蔵野市国際オルガンコンクール

2017年9月6日~18日開催
4年に一度のパイプオルガンの世界的コンクールが開幕します!

優秀なオルガニストを見いだすとともに、国際交流を目的に1988年に創設された武蔵野市国際オルガンコンクール。以後、4年に一度開催し、世界トップレベルのオルガニストを輩出してきた本コンクールも今回で8回目を迎えます。オルガニストの皆様のご参加をお待ちしております!

 

【審査委員】
ギ・ボヴェ、ハンス=オラ・エリクソン、フランソワ・エスピナス、ベルンハルト・ハース、廣江 理枝、デヴィッド・ティッターリントン(スーザン・ランデールより変更)、シン・ドンイル

【オーディション委員】
小林 英之、ユルゲン・エッスル、ファッサン・ラスロ

優勝者は、世界的レーベルNaxosよりCDがリリースされます!
市民の皆様にパイプオルガンを身近に親しんでいただくため、関連コンサートなど様々なイベントも開催いたします。ご期待ください!


Copyright © International Organ Competition Musashino-Tokyo. All rights reserved.