文学座 『エゲリア』

2012年9月7日(金)~23日(日)

 

 

 

灰色の戦時体制下で絢爛豪華な「生命の小説」を紡ぎつづけた岡本かの子。
夫は国民的漫画家・一平、息子は天才前衛画家・太郎。
途絶えることない男性遍歴や幾多の伝説に覆われた女流作家かの子。
その型破りな家族のドラマが今、幕を開ける!


1937年に久保田万太郎、岸田國士、岩田豊雄の三人の作家によって
創設された「文学座」は、『女の一生』等の代表作で知られる日本を代表する劇団。
オーソドックスな演技スタイルや戯曲重視の「新劇」の作風を継承しています。
本作は俳優・劇作家として活躍する瀬戸口郁が書き下ろす
小説家・岡本かの子と国民的漫画家・岡本一平の物語を、小劇場から商業演劇まで
幅広く手掛けるベテラン演出家・西川信廣が演出。
芸術夫婦の相克や家族の在り方を骨太に描き出します。


 

[出演] 吉野実紗/増岡裕子/伊藤安那/大滝 寛/鈴木弘秋/大場泰正
粟野史浩/佐川和正/柳橋朋典/南 拓哉/駒井健介/後田真欧
[演奏]後藤浩明

作:瀬戸口 郁  演出:西川信廣  

[美術]二村周作  [照明]塚本 悟  [音楽]後藤浩明 [音響効果]中嶋直勝   
[衣裳]中村洋一   [アクション]渥美 博 [舞台監督]黒木 仁  [演出補]五戸真理枝 
[制作]日下忠男 [票券]松田みず穂 [宣伝美術]太田克己  [イラスト]徳永明美 

主催:文学座   共催:公益財団法人 武蔵野文化事業団
協力:(財)岡本太郎記念現代芸術振興財団


 

【公演スケジュール】 
 

平成24年9月7日(金)~平成24年9月23日(日)

7日(金)19:00●  

8日(土)14:00

9日(日)14:00

10日(月) 19:00●    

11日(火)14:00/19:00●  

12日(水)14:00

13日(木)19:00  

14日(金)14:00/19:00

15日(土)14:00   

16日(日)14:00  

17日(月・祝)14:00

18日(火)19:00  

19日(水)14:00/19:00  

20日(木)14:00

21日(金)14:00/19:00  

22日(土・祝)14:00

23日(日)14:00

 

【チケット料金】
 
[全席指定]一般 5,500円/アルテ友の会会員(前売のみ) 4,950円
      
●夜割(7・10・11日) 4,500円


 
【チケット発売日】

8月3日(金)午前10時~ 
電話・インターネットにて武蔵野文化事業団予約受付開始

 
【チケット取扱】

(公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011
インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

文学座チケット専用: 0120-481034 (10:00~17:30 日祝除く)
チケットぴあ: 0570-02-9999 (Pコード421-444)
イープラス:http://eplus.jp/bungakuza/
文学座HP: http://www.bungakuza.com


【お問合せ】

吉祥寺シアター  0422-22-0911
文学座 03-3351-7265