吉祥寺ファミリーシアタープロジェクト2018

2018年6月1日(金)~6月3日(日)

 

子どもも 大人も みんな劇場においでよ!

家族でお芝居や劇場を楽しむ3日間!
0歳のお子さまから、どなたでもご入場いただけます。

「お子さまが小さいころからお芝居に親しんでほしい」
「家族みんなで劇場に足を運んでほしい」
そんな想いから劇場を開放して「みる」「あそぶ」「つくる」プログラムをそろえました!

ファミリーシアタープロジェクト


 

1日・2日は「よみしばい」
2016年から市内各所で上演を重ね、ご好評の「よみしばい」シリーズ。
よみきかせの気軽さとお芝居の迫力を合わせてお楽しみいただけます。
1日目は『雪の女王』2日目は『走れ!メロス!』をそれぞれ上演いたします。

雪の女王

ゲルダとカイはとっても仲良しで、いつも一緒に遊んでいました。でもある日、カイは突然ゲルダの前からいなくなってしまいます。カイを探しに旅に出たゲルダは、とちゅうで悪いおじさんたちにおそわれてしまいます。ゲルダは無事にカイを見つけられるのでしょうか?

走れ!メロス!

メロスは走る、メロスの身代わりとなっている親友セリヌンティウスを、悪い王様から助け出すために!そして、彼との友情を守り抜くために!とちゅうたくさんのピンチにおそわれますが、メロスはむちゅうで走ります。メロスはたいせつなお友達のいのちを救えるのでしょうか?

 

3日は音楽劇『ピノッキオの冒険』
楽器の生演奏と一緒に、楽しい音楽劇をお送りします。
俳優の豊かな演技によるおなじみの物語をお楽しみください。

©飯田研紀

人形師のゼペットじいさんは、一本の不思議な木からあやつり人形を作りました。
子どものいないゼペットじいさんは人形に「ピノッキオ」という名前を付け、息子のように
かわいがろうとしますが、この子がとんでもないイタズラっ子!ピノッキオは果たしてゼペットじいさんの
本当の子どもになれるのか、お目付役のコオロギとの冒険がはじまります!(photo©飯田研紀)

 


 

そのほか、劇場で「あそぶ」プログラム、
劇場で「つくる」プログラムなど、関連イベントも盛りだくさん!
演劇と劇場をみんなで満喫できる3日間です。皆様お気軽におこしください。

 

【公演スケジュール】 
平成30年6月1日(金)~6月3日(日)

1日(金)11:00~よみしばい『雪の女王』(約30分)

     /13:00~舞台の上で一緒に遊んでみよう!●

     /14:00~みんなでお絵かき、舞台を飾っちゃおう!○

2日(土)11:00~よみしばい『走れ!メロス!』(約30分)

           /13:00~舞台の上で一緒に遊んでみよう!●

           /14:00~みんなでお絵かき、舞台を飾っちゃおう!○

3日(日)11:00~音楽劇『ピノッキオの冒険』(約45分)

           /14:00~音楽劇『ピノッキオの冒険』

●舞台の上で一緒に遊んでみよう!
 ステージ上で俳優さんやお友達と一緒に自由に遊べる時間です。
 自由に落書きのできる大きな模造紙や、バルーン・アート体験もあり!

○みんなでお絵かき、舞台を飾っちゃおう!
 みんなで『ピノッキオの冒険』の舞台セットを作ります。
 カラフルな色でお絵かきしたアクリル板や布が実際の上演で登場します。
 講師:内野しん(Chalk2U)

※音楽劇『ピノッキオの冒険』以外のプログラムは全て予約不要・入場無料です。
※開場は開演の20分前。
※『ピノッキオの冒険』の当日券販売は開演の40分前。(残券がある場合のみ)

 

【『ピノッキオの冒険』チケット料金】
[全席自由] 一般 500円/ 小中学生 300円
 乳幼児の膝上鑑賞は無料・お席利用の場合のみ300円 
 ※アルテ友の会会員割引はありません。


【チケット発売日】
5月8日(火)午前10時~
電話・インターネットにて受付開始!


【チケット取扱い】
(公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011
インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/


【お問合せ】
吉祥寺シアター  0422-22-0911
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre
            


 
台本・演出:倉迫康史(Theatre Ort 主宰/たちかわ創造舎チーフディレクター)
[雪の女王]出演:平 佐喜子、岩倉真彩(以上、Theatre Ort)
[走れ!メロス!]出演:村上哲也、小林 至(以上、Theatre Ort)、岩坪成美
[ピノッキオ]出演:村上哲也、平 佐喜子、小林 至、竹原千恵、岩倉真彩、相沢 葵、井藤あやほ
 (以上、Theatre Ort)/演奏:ヤストミフルタ(ノックノックス/ユニークポイント)
舞台監督:河内哲二郎
宣伝美術:内野しん(Chalk2U)
企画製作:たちかわ創造舎、吉祥寺シアター
特別協力:立川シアタープロジェクト実行委員会
後援:武蔵野市、武蔵野市教育委員会
主催:吉祥寺シアター(指定管理者:公益財団法人武蔵野文化事業団)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会