@kichi_theatre2005

『フリークス』 リーディング上演&スペシャルトーク

2018年8月27日(月)19:00開演




9月29日(土)~10月8日(月・祝)
《ティーファクトリー最新作『レディ・オルガの人生』公演 関連企画
『フリークス』の時代から『レディ・オルガの人生』の今へ
~新作『レディ・オルガの人生』を三倍愉しんでいただくために~

劇作家・川村毅が〈自身の原点を再考する〉シリーズ最新作『レディ・オルガの人生』。
そして、その原点、1987年に渋谷パルコで初演、熱狂を巻き起こした『フリークス』。

本企画では2つの「戯曲を読む」イベントを通じ、
2本の戯曲に通底するメッセージに迫ります。


『フリークス』初演舞台写真 撮影:加賀美寿子


1987年、当時のカルチャー最先端とも言えるパルコに
本作『フリークス』で初進出を果たした、川村毅率いる第三エロチカ。
大いなる熱狂の中ですさまじい賛否を浴びた『フリークス』を
時代の喧噪をくぐり抜けた今だからこそ、改めて戯曲として読むことで
スキャンダラスな表象の背後にあるメッセージをあぶり出します。
最新作の「片鱗」とも言える何かが、この上演から垣間見えることでしょう。

スペシャルトークでは、30年以上にわたり日本演劇界の一線を走り続けてきた
川村毅とゲストが、日本現代演劇の証言、そして未来の展望を語り尽くします。




 

 


【作・演出の川村毅からコメントが届きました!】

 新作『レディ・オルガの人生』に向けて 二つの<戯曲を読む>イベントを行います

 21世紀の今はまさに資本主義大勝利の光景を目のあたりにしているという気になりますね。つまり均質化と格差です。この勝利の光景に生きづらさを感じる者(私)はそこで新たな社会システムを探ろうとしているわけです。もちろんゴリゴリのコミュニズムに依拠するわけにもいかない。まあ、そうした思いと『フリークス』という戯曲が連動しているのでしょうね。
 ノスタルジアでやろうとしている気はなく、とにかく若い人に見てもらいたいです。26歳の時に書いた作品で、まあどんなもんだったのか覗きにきてください、30年ぶりにリーディング上演します。フリークスってタイトルの劇をよくぞパルコでやったものだ、どんなもんだったんだろ?と自分でも不思議で楽しみです。


 新作『レディ・オルガの人生』は、現在の生きづらさへの私なりの決意表明かも知れません。書きたてほやほやのこの新作戯曲の一部を参加者のみなさんと読んでみるワークショップを行います。戯曲は、俳優が声にして初めて生命を得るものです。ぜひ誕生に立ち会ってください。

 演劇活動とは、出来た舞台を観ていただくことだけでなく、交流し創造過程を共有することが重要だと考えています。今回のこのワークショップとリーディング公演の「戯曲を読む」二つの企画は、創造のための重要な一部なのです。演劇の、ライヴという特殊性を、創り手以外の方々と共有しようということです。気楽にご参加ください!!

川村毅

アントニオ・サレルノ・パゾリーニ …川村毅
サルバトーレ・サントロ …中村崇 
イザベラ …河合杏南 
カルミーナ・ペルシコ …清水さと 
ジュリアン・ソレル …川崎勇人(劇団東京乾電池) 

フィリップ・ラステッソ …内田靖子 
ライオネル・ジョジョ …酒井和哉 
ニキータ・トト …中川光男
ジョゼフ・ジョゼフィン …武田優子
ランポ …佐藤幾優 
ミッシェル・モルガン …大塚由祈子 



【トークゲスト】渡辺 弘(彩の国さいたま芸術劇場 業務執行理事兼事業部長)

【プロフィール】
1952年栃木県出身。1980年より情報誌「シティロード」の編集など演劇ジャーナリストとして活動。84年に銀座セゾン劇場の開場準備に参加し、制作業務を担当する。89年にBunkamura開業準備に参加し、シアターコクーンの運営、演劇制作を手がけ、2003年には長野・まつもと市民芸術館の開業準備に携わりプロデューサー兼支配人として運営、制作業務を担当する。
06年より埼玉・彩の国さいたま芸術劇場の業務執行理事兼事業部長。


協力(50音順):グッドラックカンパニー、J.CLIP、
㈱スーパーエキセントリックシアター、青年座映画放送、ノックアウト、
フォセット・コンシェルジュ、プランニング・クレア、プリッシマ、レトル

主催:吉祥寺シアター(公益財団法人武蔵野文化事業団)、株式会社ティーファクトリー

 


【公演スケジュール】
平成30年8月27日(月)19:00開演

※開場は開演の30分前。
※未就学児の入場はご遠慮ください。

【会場】
吉祥寺シアター 劇場


【チケット料金】
[全席自由]
前売 一般1,500円 アルテ友の会会員1,350円
当日 1,800円(友の会割引なし)

 
 

【チケット発売日】
8月4日(土)午前10時~ 
電話・インターネットにて武蔵野文化事業団予約受付開始!

 

【武蔵野文化事業団チケット取扱い】
(公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011
インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/

 

【その他のプレイガイド】7月30日(月)~予約受付開始
ティーファクトリーオンラインチケットサービス:
http://www.tfactory.jp/(PC)http://www.tfactory.jp/m/(携帯)

 

 


もう1つの“戯曲を読む”関連イベント
『レディ・オルガの人生』観客参加型リーディングワークショップ




新作『レディ・オルガの人生』のある場面を、
キャストの稽古より先に皆さんで読んでみましょう!
演劇経験のない方も大歓迎!まずは大きな声でセリフを喋ってみましょう。
新作戯曲の第一声の担い手として作品創作に携われる、またとない機会です。
老若男女、皆様のご参加をお待ちしています!
新作の原点『フリークス』初演の貴重な映像をまじえた、川村毅のトークもあり!


【日程】2018年8月25日(土)午後2時~ 
【会場】吉祥寺シアター けいこ場
【講師・トーク】川村 毅(『レディ・オルガの人生』『フリークス』劇作家・演出家、ティーファクトリー主宰)


※ワークショップの詳細や申込方法はこちらのリンク先をご確認ください。



『フリークス』を原点に書き下ろされる新たなるショウの幕開け!!
ティーファクトリー最新作『レディ・オルガの人生』公演情報


1987年に渋谷パルコで初演し熱狂を巻き起こした『フリークス』を原点に、
川村毅が新たに書き下ろす最新作。
ヒュー・ジャックマン主演映画『グレイテスト・ショーマン』で再び脚光を浴びた
「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」の
スター芸人であった髭女「レディ・オルガ」をモチーフに、
力強く世間を生き抜く女性を描く、エンターテインメントショウ!


【日程】9月29日(土)~10月8日(月・祝) 
【会場】吉祥寺シアター 劇場
【作・演出】川村 毅 【出演】渡辺真起子、他



【お問合せ】
吉祥寺シアター 0422-22-0911
ティーファクトリー 03-3344-3005 info@tfactory.jp