吉祥寺ダンスLAB. vol.3『PAP PA-LA PARK/ぱっぱらぱーく』

2020年12月4日(金)〜12月6日(日)

 


吉祥寺シアター×気鋭のダンサーとのタッグで贈る、
「吉祥寺ダンスLAB.」
待望の第三弾、始動!


環境や生活が大きく変わった2020年。
今回の企画では、
私たちが現在進行形で様々な変化に直面していることに着目し、
「変化」をテーマに据えたダンス公演をお贈りします。

第三回となる今回タッグを組むのは、ダンスを楽しむ「場づくり」に強い関心をもち、
劇場外での活動も活発なダンスユニット・かえるP。

「もしも吉祥寺シアターが公園だったら」というコンセプトのもと、
かえるPならではのエネルギッシュで全力投球の
ダンスパフォーマンスをお届けします。


上演の前後には、「公園」をモチーフに空間デザインされた劇場内で
思い思いに過ごすことのできる時間を設けます。
公園にいるようなリラックスした心持ちで、ダンスと劇場をお楽しみください。
 


 

©金子愛帆
 

誰もが おもいおもいに過ごせる場所
それが劇場 それが広場 それが地球 それが世界 それが大事
かえるPは どこでも どんなときも 踊ります。休みます。遊びます。
いつでも 一緒に どうぞ。


かえるPと申します。大園と橋本の2人のダンスユニットです。今年で活動をはじめてから11年目です。これまで東京で活動してきましたが、今年から橋本が北海道・札幌に移住し、複数拠点での活動をスタートさせました。また、2人とも子供を持つ親でもあります。まだまだ新米の父親です。全ての人に助けられてなんとか生きています。
自分たちの環境が大きく変遷した2020年、さらにコロナという未曾有の事態が重なり、活動そのものも変化を余儀なくされました。そのなかで自分たちがダンスを踊る意味について日夜考えています。
そんな折に、今回のダンスLABの話をいただきました。

今回、吉祥寺シアターとともに作品をつくるにあたり、劇場という空間でいまダンスを踊ること、それを見ることの意味をかえるPなりに考えてみたいと思っています。
劇場はただの箱であり、なにもない空間でもあり、キャンバスであり、アトリエであり、コミュニティが生まれる場であり、広場でもあります。広場といえば公園です。公園はとても重要な場です。子どもが遊び社会を学ぶ場、人々の通り道、誰かと誰かが集う場、憩いの場、誰もがおもいおもいの時間と場所で過ごせる場所。劇場で起こることと同じくらい劇的で濃密なことが毎日起こっています。

そのような時間と空間を、オープンエアーの開放と豊かさと孤独さを、かえるPなりの描き方でダンスを眺めながら、ともに体感しながら吉祥寺シアターに立ち上げていきたいと思います。

<プロフィール> かえるP 
大園康司と橋本規靖が2010年に結成したダンスユニット。ダンスの根源を探ることをテーマに作品創作に取り組む。 酔っ払いから子どもまで、一緒に楽しむ場をつくりながらダンスを踊る。
第4回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞受賞。 横浜ダンスコレクションEX2016コンペⅠファイナリスト。
ダンス作品の創作・上演のほか、小学校やまちづくりコミュニティの現場などで幅広い年代を対象としたワークショップ・アウトリーチなどを展開している。
これまでの主な作品に「スーパースーハー」「パーフェクト」「The Sun」など。 今年から東京・札幌の2拠点での活動をスタート。

 


 

『吉祥寺ダンスLAB.』特設ページ(note)開設!
https://note.com/kichi_dance_lab

今回の作品創作は、東京と北海道の2拠点で行います。
それぞれの土地で行うクリエイションの様子を、
今後こちらのページにてお伝えしてまいります!

 

 

「吉祥寺ダンスLAB. vol.3」プレイベント
『かえるPのリモートリハーサル配信』

https://youtu.be/9fFNnsq9Pyw
※アーカイブ配信は12月6日(日)まで
 

今回の「吉祥寺ダンスLAB.vol.3」では、オンライン上でのリモート作品創作も行っております。
そんな様子をYouTube Liveで大公開!
普段の稽古でやっていることや、作品創作にあたっての実験の様子、
さらには北海道でクリエイションを行う際に利用しているスタジオまで実際に行ってみるetc・・・
見どころ盛りだくさんの90分をぜひご覧ください!

 



[振付・構成・演出・出演]
かえるP(大園康司・橋本規靖)


[演出協力] 林あきの

[舞台美術] 中村友美 [音響] 牛川紀政 
[照明] 阿久津未歩(LICHT-ER) [舞台監督] 河内哲二郎
[宣伝美術] ムラハタワークス [記録写真] 金子愛帆
[協力] 合同会社Conel LICHT-ER さっぽろ天神山アートスタジオ

主催・企画製作:吉祥寺シアター(公益財団法人武蔵野文化事業団)
助成:芸術文化振興基金
 



【公演スケジュール】 
2020年12月4日(金)~12月6日(日)


4日(金)14:00開園~16:00頃閉園
5日(土)14:00開園~16:00頃閉園
6日(日)14:00開園~16:00頃閉園

・ダンスパフォーマンスは14:30開始予定です。(上演時間は約45分間を予定)

※新型コロナウイルス感染予防対策につきまして、
 必ず下記ページをご一読の上、ご協力をお願い申し上げます。
【吉祥寺シアター】施設再開にあたってのガイドライン

 

★小さなお子さま連れでも安心!

・途中入退場自由です。
・授乳、おむつ替え専用スペースがあります。
・ベビーカーはロビーに置くことができます。

 



【チケット料金】
[回遊型・要事前精算] 
一般:2,700円/武蔵野市民・アルテ友の会:2,500円
U29(29歳以下):2,000円(要証明)
中学生・高校生:1,500円(要証明)
3歳~小学生以下:500円(3歳未満は無料)


【チケット発売日】
11月14日(土)午前10時~ 
電話・インターネットにて予約受付開始!

【武蔵野文化事業団チケット取扱い】
(公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011(9:00~22:00)
インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/
 



★当公演では、可能な限り新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めて参りますが、
万が一、当施設内で新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認された場合は、
必要に応じて保健所等の公的機関にお客様情報を提供する場合がございます。
予めご了承の上、チケットのご購入をお願い申し上げます。

★ご来場のお客様におかれましては、「吉祥寺シアター 施設再開ガイドライン」を
必ずご一読の上、ご来場くださいますようお願い申し上げます。
 



【問い合わせ】
吉祥寺シアター
TEL:0422-22-0911