吉祥寺ファミリーシアター新作演劇公演『ぞうれっしゃがやってきた』

2021年8月7日(土)~11日(水)

 

 

戦中、戦後の名古屋・東山動物園の実話を基にした絵本を原作に、
戦争を懸命に生き抜いた人間、そして動物たちの姿を描きます。


2019年に吉祥寺シアターが吉田小夏(青☆組)に委嘱し製作・初演した、
アウトリーチ用の短編作品『ぞうれっしゃがやってきた』を、
新たに長編作品として再構成し、吉祥寺シアターで初めて上演します。

終戦直後の名古屋・東山動物園にはぞうが2頭いました。
当時、日本全国でぞうはこの2頭だけでした。
ぞうたちが動物園にやってきた日から、
その12年後に全国の子どもたちが「ぞうれっしゃ」に乗り、
ぞうに会いに行くまでの実話をもとにした絵本を原作に、
戦争の日々を懸命に生き抜こうとした人々、そして動物たちの姿を描きます。



 


 

あらすじ

・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・

さぁ、お話がはじまります。これは、今日よりもすこーしだけ、昔のお話。

1949年。ぞうれっしゃ「エレファント号」が、
ぞうとの対面を心待ちにしている東京の子どもたちをいっぱい乗せて走ります。
行先は名古屋。東山動物園を目指して。

1937年。寒い冬の日、エルド、マカニー、アドン、キーコ、
4頭のぞうが東山動物園にやってきました。
こんがりとこげたおむすび、やさしい飼育員のお兄さん。
動物園にはぞうたちが大好きなものがたくさんありました。

その年、戦争が始まりました。
おむすびにお兄さん、大好きなものたちは一つずつ、動物園から消えていきました。
ついに動物園にも爆弾が落とされました。空襲です。

これは、今日よりもすこーしだけ、昔のお話。
――そして、本当にあったお話です。


・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・*・・・・・・


 

【キャスト・スタッフ】

〈出演〉
福寿奈央 藤川修二 大西玲子 土屋杏文(以上、青☆組)
田村元 代田正彦(★☆北区 AKT STAGE) 清水ゆり(CHAiroiPLIN) 
原田大輔(演劇集団 円) 大石丈太郎

〈スタッフ〉

原作:絵本『ぞうれっしゃがやってきた』(小出隆司・作、箕田源二郎・絵/岩崎書店 刊)
脚本・演出:吉田小夏(青☆組)

音楽:川田瑠夏 舞台美術:濱崎賢二 照明:伊藤泰行 
音響:泉田雄太 衣裳・ヘアメイク:るう(ROCCA WORKS)
舞台監督:今泉馨(P.P.P.) 演出助手:日沖和嘉子 小野耀大
宣伝美術:中川裕樹(株式会社エクスラージ) 制作助手:中村佳奈






協力: 青☆組 岩崎書店 武蔵野市非核都市宣言平和事業実行委員会・武蔵野市/
(株)ALBA (株)エクスラージ 演劇集団円 ★☆北区AKT STAGE 青年団 
CHAiroiPLIN P.P.P. (有)ベリーグー (有)レトル ROCCA WORKS

助成:一般財団法人地域創造 
主催・企画製作:吉祥寺シアター(公益財団法人武蔵野文化事業団)




脚本・演出プロフィール
吉田小夏 Conatsu YOSHIDA


劇作家、演出家、青☆組 主宰。青年団演出部所属。
『雨と猫といくつかの嘘』等、4作品で日本劇作家協会新人戯曲賞に入賞。『海の五線譜』で北海道戯曲賞優秀賞受賞。
心の琴線に触れる美しく繊細な対話劇の手法で、一貫して市井の人々を描き、幅広い年代の支持を集めている。近年では、ラジオドラマの脚本や、子供達に向けた演劇の創作など、幅広く活躍。日本各地での滞在制作や、演劇ワークショップにも精力的に取り組んでいる。
『のぼるはがんばる』(原作・東君平 主催:劇団うりんこ)で、平成28年度「児童福祉文化財推薦作品」選出。令和元年には吉祥寺シアターから委嘱を受け、『ぞうれっしゃがやってきた』をアウトリーチ用短編作品として舞台化、上演を行った。
(写真「撮影:金子愛帆」)
 


 



【スケジュール】
2021年8月7日(土)~11日(水) 〈全7公演〉


8/7(土)   14:00
8/8(日・祝) 11:00★/16:00
8/9(月・休) 19:00
8/10(火)    14:00◆/19:00
8/11(水)    14:00


★=未就学児入場可能回です。0歳からご入場いただけます。
  膝上鑑賞無料。お席が必要なお子さまは、未就学児も有料〈中学生以下〉です。
◆=「むさしのティーンズday」。この回は高校生以下は《特別料金500円》でご覧いただけます。

※各回、開場は開演の30分前。受付開始は開演の45分前。

 

【チケット情報】

【チケット料金】
[全席指定]大人2,500円 武蔵野市民・アルテ友の会2,200円
      U-25(25歳以下)2,000円 高校生1,500円 中学生以下1,000円


 ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております(8/8(日)11:00回のみ、未就学児も入場可能です)
 ※武蔵野市民の方は、チケットの引き取り時に在住・在学・在勤が確認できる証明書をご提示ください。
 ※U-25、高校生、中学生以下でご予約の方は、学籍・年齢の確認できる証明書を、公演当日にご提示ください。


【チケット発売日】
7月4日(日)午前10時~
電話・インターネットにて受付開始!

【チケット取扱い】
(公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011 (9:00-20:00)
インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/

 ★緊急事態宣言の発令に伴い、客席の定員は50%を上限と変更いたします。
  ただし、一席あけでの配席ではございません。
  宣言前にご予約いただいたお席の変更は生じませんのでご安心下さい。
 (7月11日更新)


 ※感染症対策のため、必ず事前にご予約のうえご来場ください。

 ※体調不良等の場合をのぞき、ご予約後の変更・キャンセルはお断りいたしております。

【託児サービスのご案内】
本公演は全ステージで託児サービスがございます(定員あり/要予約)。
チケットの予約後に、以下の申込先まで、お客様ご自身でお電話にてお申し込み下さい。

・申込:ひまわりママ tel. 0422-32-3322(平日10:00~17:00)
・申込〆切:公演の5日前
・対象:生後6ヶ月~就学前児童
・料金:500円/人


 



【原作絵本のご紹介】
戦争中、動物園の動物たちが殺されるなかで、戦後までぞうがいた
名古屋の東山動物園…。合唱組曲やアニメ映画で話題の原作絵本。


岩崎書店 刊 / 作: 小出隆司 / 絵: 箕田源二郎
ISBN 9784265914234

岩崎書店での紹介ページ
https://www.iwasakishoten.co.jp/book/b192967.html

 



【新型コロナウイルス感染症拡大防止策について】

★当公演では、可能な限り新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に努めて参りますが、
 万が一、当施設内で新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認された場合は、
 必要に応じて保健所等の公的機関にお客様情報を提供する場合がございます。
 予めご了承の上、チケットのご購入をお願い申し上げます。


★ご入場時の検温・手指の消毒にご協力ください。
 また、ご体調がすぐれないお客様、発熱されているお客様はご来場をお控えください。
 ご入場時に37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りすることがございます。

★ご来場時、ご観劇時は必ずマスクをご着用ください。

★お客様からの差し入れのお預かりや、スタンド花、アレンジメント花の受け入れは
 感染症対策のため控えさせていただきます。

★公演前後の、出演者ならびに関係者とのご面会はお断りいたします。

★緊急事態宣言の発出に伴い、客席の定員は50%を上限といたします。(7月11日追記)

★ご来場のお客様におかれましては、
 「吉祥寺シアターにおける新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(最新版)」を
 必ずご一読の上、ご来場くださいますようお願い申し上げます。

 



【お問合せ】
吉祥寺シアター  0422-22-0911(9:00-20:00、毎月最終火曜日休館)
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre