可児市文化創造センター ala Collectionシリーズvol.12 『紙屋悦子の青春』

2021年10月20日(水)~10月28日(木)



ー戦時下の恋と友情を瑞々しく描いた、俊英・松田正隆の代表作!ー


第一線で活躍する俳優・スタッフが岐阜県可児市に滞在しながら作品を制作し、
全国へ発信する可児市文化創造センター ala Collectionシリーズが
今年も吉祥寺シアターにやってきます!

 

第12弾となる本作は、庶民のささやかな日常から戦争の不条理をじわりと炙り出す、
松田正隆の90年代”静かな演劇”を代表する傑作戯曲。
のちに映画化もされ大きな話題を呼んだ本作を
「人の心」に焦点を当てる演出家・藤井ごうと実力派の俳優陣によって舞台化します。
 
戦争に翻弄されながらもまっすぐに生きる真っ直ぐに生きる若者たちが現代へと綴る、〈あの頃の物語〉。
是非ご期待ください。

 


庶民たちの戦争史、「その時」人々は何を想い、誰と出逢ったのか。
 

 

あらすじ

昭和20年春の九州。東京大空襲で両親を失い、
兄夫婦の家で慎ましく暮らす悦子の元に、とある縁談話が持ちかかる。
相手は整備工の永与少尉で、
彼を紹介したのは、悦子が密かに想いを寄せる飛行兵の明石少尉だった。
ぎこちない見合いながらも、お茶やおはぎの話題を通じて、
次第に心を通わせていく悦子と永与。
一方の明石は特攻隊に志願し、出立を前に紙屋家を訪れる。
短くも二人きりの時間を持った悦子と明石は、
想いを胸に押し込めて対面するのだった——。
 

 

 

 [出演]

平体まひろ
(文学座)
長谷川敦央
(オフィスPAC)
藤原章寛
(文化座)
枝元 萌
 
岸槌隆至
(文学座)

  
[美術] 乘峯雅寛  [照明] 竹林功  [音響] 近藤達史 [衣裳] 中村洋一
[舞台監督] 加藤元基 [宣伝美術]峯岸和男 [イラスト] 梁川友世 
[制作] 澤村 潤、福原汐美、馬場順子
[プロダクションマネージャー] 村松明彦  [シニアアドバイザー] 衛 紀生

主催:公益財団法人 可児市文化芸術振興財団
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
協力:公益財団法人 武蔵野文化事業団
 

【公演スケジュール】
令和3年10月20日(水)~10月28日(木)
  20日(水)14:00
  21日(木)18:00
  22日(金)18:00
  23日(土)14:00
  24日(日)14:00
  25日(月)14:00
  26日(火)休演日
  27日(水)18:00
  28日(木)14:00

※開場は開演の30分前。
※未就学児の入場はご遠慮ください。


【チケット料金】
[全席指定]
一般 5,000円/アルテ友の会会員 4,500円
U25 2,500円(25歳以下・当日要年齢確認・限定枚数)
※お並びのご用意ができませんので、あらかじめご容赦ください。
※武蔵野文化事業団では全券種の前売のみ取扱い。

【チケット発売日】
9月17日(金)午前10時~ 電話・インターネットにて

【武蔵野文化事業団チケット取扱い】
(公財)武蔵野文化事業団チケット予約:0422-54-2011
インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/

 

【その他チケット取扱い】※9月17日(金)発売開始
◆チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/alacollection12/
0570-02-9999(Pコード:506-899)  
 
◆イープラス

◆Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/alacollection12/
電話予約:0120-240-540(平日10:00~18:00)

 

【お問合せ】
吉祥寺シアター 0422-22-0911
石井光三オフィス 03-5797-5502(平日12:00~18:00)