SCOT 『世界の果てからこんにちはⅡ』

2021年12月18日(土)~12月26日(日)

 

世界的に活躍する演出家・鈴木忠志率いるSCOTが2年振りに吉祥寺シアターに帰ってくる!
本年は、「ニッポンジン」の今を問い直す、鈴木忠志の最新作
『世界の果てからこんにちはⅡ』を東京で初上演いたします。

そして、鈴木忠志が国際演劇評論家協会・タリア賞を日本人で初受賞したことを記念し、
鈴木忠志ならびにSCOTのこれまでの活動や思想に迫る連続シンポジウムを同時開催。
こちらも併せてお楽しみ下さい。

 

『世界の果てからこんにちはⅡ』
[構成・演出]鈴木忠志


考えよう、ニッポン人はどこへ向かうのか…。
流行歌にのせて繰り広げられるニッポン人の数々の姿。
メッセージは「今日のニッポンに明日は勝つ!」


演出ノート: 「久しぶりの演出形式」

 

主催:SCOT
共催:(公財)武蔵野文化事業団、(公財)
利賀文化会議



  

【公演スケジュール】 
2021年12月18日(土)~12月26日(日)

18日(土)14:00『世界の果てからこんにちはⅡ』/15:30 シンポジウム 
19日(日)14:00『世界の果てからこんにちはⅡ』/15:30 シンポジウム 
20日(月)休演日
21日(火)休演日
22日(水)18:30『世界の果てからこんにちはⅡ』+鈴木忠志トーク
23日(木)18:30『世界の果てからこんにちはⅡ』+鈴木忠志トーク
24日(金)18:30『世界の果てからこんにちはⅡ』+鈴木忠志トーク 
25日(土)14:00『世界の果てからこんにちはⅡ』/15:30 シンポジウム 
26日(日)14:00 シンポジウム

『世界の果てからこんにちはⅡ』の開場は開演の15分前。
シンポジウムの開場は開演の10分前。


【シンポジウム「鈴木忠志と〈利賀〉の思想」】

タリア賞=国際演劇評論家協会(国際連合教育科学文化機関<ユネスコ>に属する国際的舞台芸術評論家の協会、本部・パリ)による賞。

鈴木忠志は、その演劇理念と舞台が世界の演劇に貢献したとして、世界で8人目に受賞しました。
本シンポジウムは鈴木忠志のタリア賞受賞を記念して開催します。

総合司会:本橋哲也(国際演劇評論家協会日本センター会長)

演劇で〈世界〉を変える―「世界水準の演劇」とは?
 登壇:菅孝行(演劇評論)、内野儀(演劇評論) 12月18日(土) 15:30-17:30
ショベルカーとギリシア・その後
 登壇:東浩紀(哲学)、鈴木忠志        12月19日(日) 15:30-17:30
演劇界―― 来し方、行く末
 登壇:渡辺保(演劇評論)、鈴木忠志      12月25日(土)15:30-17:30
鈴木忠志を哲学する
 登壇:大澤真幸(社会学)           12月26日(日)14:00-15:30
カボチャと同志――演劇の現在
 登壇:本橋哲也、鈴木忠志           12月26日(日)15:45-17:15


主催:国際演劇評論家協会日本センター、(公財)利賀文化会議
共催:(公財)武蔵野文化事業団

 



【チケット料金】
◆『世界の果てからこんにちはⅡ』[全席指定]
 一般:4,000円
 アルテ友の会会員・武蔵野市民(在勤・在学含む):3,600円


◆シンポジウム[全席自由]……各日500円(SCOTチケット予約電話のみ取扱

※市民割引チケットをご購入のお客様はチケットお引取りの際に証明書のご提示をお願いいたします。
※武蔵野文化事業団では一般、アルテ友の会会員、武蔵野市民(在勤・在学含む)の前売のみ取扱い。

 

【チケット発売日(公演・シンポジウム共通)】
12月4日(土)午前10:00~
電話&インターネットにて予約受付開始!


【武蔵野文化事業団チケット取扱い】
 
(公財)武蔵野文化事業団チケット予約(公演のみ):0422-54-2011(9:00-22:00)
ウェブ予約:
https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/


【その他チケット取扱い】
SCOTチケット予約(公演・シンポジウム):03-5449-6081
(10:00-17:00[平日および12月4日]、10:00-14:00[土・日])
ウェブ予約(公演のみ): https://www.jpaf.or.jp (利賀文化会議公式サイト)

 



【お問合せ】
 吉祥寺シアター:0422-22-0911
 SCOT 東京事務所:03-3445-8013