劇作のためのドラマ・ドクター 川村毅


 
 
 

吉祥寺シアターは若手演劇人との新たな出会いを待っています!  きき

 

 今年10月23日(金)~11月2日(月)に予定されているティーファクトリー『ドラマ・ドクター』の公演に先がけて、ティーファクトリー代表で、劇作家・演出家として活躍する川村毅さんが、劇中のドラマ・ドクターさながら(!?)、あなたのドラマ・ドクターの役を務めます!

 みなさんが執筆中の戯曲について、川村さんと一対一でお話をしながら、執筆のヒントや新しい視点を、川村さんと一緒に探っていきましょう!執筆中の戯曲をより良い作品とするための、気付きやアドバイスをお届けするのが、この講座の目的です。戯曲を書き上げられずに悩んでいる方、自分の書いている作品が「これ、本当に面白いのかな?」と悩んでいる方、そんな皆様を歓迎します!完成作品を持ってきていただく必要は全くございません。
 あなたの作品が行き詰まっている/うまく書き出せない原因や、あなたが作品に対して「面白い」と自信を持つことができない理由を、川村さんと一緒に探してみましょう。自分一人ではなかなか見つけることの出来ない様々な要因に対して、川村さんが客観的な立場、そして現役の劇作家としての立場から“気付き”の機会を与えてくれます。
 もちろん一人一人、処方箋は異なります。皆様それぞれの悩みを持ち込んで下さい。川村さんが、皆様の悩みや相談を受け止めて、一人一人にあったアドバイスをくれます。そして、そのアドバイスをもとに、あなたの悩みや行き詰まりにもう一度立ち向かって下さい!
定期的に相談の場を持つことで、あなたの中に確かに眠っている「書きたいこと」を芽吹かせて、新しく形にしていくためのチャンスにして下さい。
 執筆を終えた戯曲のブラッシュアップをしたいという方も、ふるってご参加下さい。どうすればもっと面白い作品に仕上がるか、執筆した本人の意図とは異なる、その戯曲がもつ新たな魅力を、川村さんと一緒に考えて、上演(再演)や戯曲賞への応募などの場に繋げて下さい。
 そして、執筆に関する特定の悩みだけではなく、演劇に関する創作全般の悩み相談でもOKです。1つの悩みをクリアにして、そして次の創作活動へと移行するための手助けを致します。


 また、これまでに戯曲の執筆経験はないけれども、これから挑戦してみたいという方や、設定に悩んでいる方、設定は考えているけど書き出しに悩んでいる方などのご参加も大歓迎!1ヶ月に一度、川村さんと対話を重ねながら、一緒に1本の作品を書き始めてみませんか?

 ここで出逢った劇作家や演出家の皆様が、将来的に吉祥寺シアターで上演を行う、そんな出逢いを吉祥寺シアターは楽しみにしています。
 吉祥寺シアターは若手劇作家/演出家の皆様との、新しい出逢いを待っています。


●日程  

第3回 5月24日(日)または5月27日(水)
第4回 6月24日(水)または6月28日(日)
第5回 7月26日(日)または7月29日(水)
第6回 8月26日(水)または8月30日(日)
第7回 9月16日(水)または9月23日(水)

※いずれの日程も下記の5つの時間帯に各1名ずつの受講となります。
(応募者多数の場合は書類選考あり。各回いずれか1日のみ参加可能ですが、複数月にわたっての参加は大歓迎です!)

A. 18:00-18:40  B. 18:50-19:30  C. 19:40-20:20
D. 20:30-21:10  E. 21:20-22:00 (各時間帯40分)


(9月に第7回を開催予定です。日程は決まり次第、吉祥寺シアターのホームページ等で随時お知らせします。なお、10月に講座受講者の作品〈選考あり〉を題材に、吉祥寺シアターにてリーディングイベントを開催予定。) 

 

●募集要項
会   場
吉祥寺シアター けいこ場
(6月、7月のみ吉祥寺シアター事務所を予定)
参 加 費 1回500円 
定   員 各回1名ずつ
対   象 劇作家として活動している方、
もしくは劇作家として活動することを志している方
また現在、演出家・振付家・俳優などで舞台芸術に携わっている方で、
設定は考えているけど、戯曲の書き出しに悩んでいる方。
執筆中の新作が行き詰まっている方。劇作の執筆に興味のある方。
川村さんに創作について相談したい方、などなど。
講   師 川村毅 (ティーファクトリー主宰)
申込方法

提出予定の戯曲についてまとめた資料を、
下記の吉祥寺シアターの応募先までお送りください。
その際、ご連絡先(電話番号および、メールアドレスまたは
ご住所)と、受講希望日(複数希望可能)を明記してください。
受講決定者には、受講月の上旬に吉祥寺シアターよりご
連絡
いたします。受講決定者で執筆中の/書き終えた戯曲がある
場合は、川村さんが講座前に一読できるように、参加希望日の
10日前までに、執筆途中の戯曲(既に上演した過去作品も可)を、
吉祥寺シアターまでお送りいただきます。
書き出しに悩んでいる方や、初心者の方は提出台本なしでもOK。

 
吉祥寺シアター「ドラマ・ドクター講座担当」宛 
郵送:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22

メール:theatre@musashino-culture.or.jp
までお送りください。

 

応募〆切

原則として、参加希望前月の末日頃
但し、第3回は5/10頃まで。
(第3回への申込は5月10日、
 第4回への申込は5月末日、

 第5回への申込は6月末日、
 第6回への申込は7月末日、
 
 第7回への申込は8月末日)
※定員に空きがあれば〆切後でも応募可です

お問合せ

吉祥寺シアター Tel:0422-22-0911
(受付時間:9:00~22:30。毎月、最終火曜日は休館日) 



<川村毅プロフィール>
1959年東京生まれ。’80年、当時の明治大学演劇研究部のメンバーを中心に、「第三エロチカ」を創立。’85年度岸田國士戯曲賞を『新宿八犬伝 第一巻 -犬の誕生-』にて受賞。2002年、創作の幅を拡げるため、固定メンバーに捉われない舞台創りを目指して、川村毅新作戯曲プロデュースカンパニー「ティーファクトリー」を設立。’10年、30周年の節目に「新宿八犬伝 第五巻―犬街の夜―」を創作、25年にわたる連作を完結し、「第三エロチカ」を解散した。’11年世田谷パブリックシアター<劇作家の作業場>として改作を重ねた『4』は、二度のリーディングを経て、’12年白井晃氏演出により初演。 第16回鶴屋南北戯曲賞、平成24年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞。戯曲集他、著書多数。公式HP: http://www.tfactory.jp/ (写真:川上尚見)



主催:吉祥寺シアター(公益財団法人武蔵野文化事業団)
企画・製作:吉祥寺シアター、ティーファクトリー