カンゲキのススメVol.12 ミクニヤナイハラプロジェクト『静かな一日』


カンゲキのススメは、東京を中心として、これから始まる公演のご紹介を主に行うページです。演劇初心者の吉祥寺シアターの新人職員O君が、先輩職員Kさんに色々と観劇にあたっての質問をしていきます。お読みになっていただいた方に、今までは知らなかった劇団や新しい魅力などを見つけていただき、劇場へ足をお運びいただくきっかけになればと考えております。

今回取り上げるのは、2月14日より吉祥寺シアターで上演が始まるミクニヤナイハラプロジェクト『静かな一日』です。 



【武蔵野文化事業団にて、チケット販売中!】
ミクニヤナイハラプロジェクト『静かな一日』 2/14(木)~17(日)
公演詳細→ http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2012/10/-vol7.html


 











O君:こんにちは!ご無沙汰しております!気づけばクリスマス、お正月も通り過ぎ、2月になっておりました。皆さん鬼は退治しましたか?まだまだ冷え込みの厳しい日々ですが、2月の吉祥寺シアターは14日よりミクニヤナイハラプロジェクト『静かな一日』の公演が始まります!昨年、30年ぶりの3人受賞で注目を集めた岸田國士戯曲賞の受賞者の一人、矢内原美邦さんが代表を務める演劇プロジェクトで、受賞後初の新作公演となっています。

Kさん:これまでに女性作家の受賞は何人かいるけれど、近年では2009年の本谷有希子さん以来ね。もともと矢内原さんは世界的にも有名なダンスカンパニー・ニブロールの代表・振付として10年以上活躍されていたわ。ダンスを主軸として活動していた矢内原さんがミクニヤナイハラプロジェクトを立ち上げて以降、演劇とダンスの垣根を取っ払うかのような作品スタイルが注目を集めたわ。その誰にも真似出来ない矢内原さんの作品世界を象徴するのは「圧倒的な情報量と運動量」。矢継ぎ早に生み出される言葉と体の動きは、観ているこちらが呼吸をするのも忘れてしまうような躍動感と心地よい緊張感に溢れているの。

O君:僕もミクニヤナイハラプロジェクトの作品を観たことがあるんですが、会場に入った瞬間に違う世界に足を踏み入れた気持ちになりました。セットが幻想的だ、という意味ではなくて、何か不思議な緊迫感というか背筋がシャンと伸びるような「よし、観るぞ!」という気合が入るというか(笑)

Kさん:その気持ち、分かるような気がするわー。会場中に、矢内原さんが創り上げたエネルギーみたいなものが充満しているのよね。よくわからないけど、ただ事じゃないぞ・・・みたいな。

O君:さて、そんな独特のスタイルを確立してきた矢内原さんですが、今回上演する「静かな一日」は初の二人芝居とのこと。タイトルに“静かな”とありますが、これまでのスタイルで言うと静かなお芝居になるかどうか、今の時点ではなかなか想像ができないですね。

Kさん:夫婦のお話になるそうよ。今回の公演について矢内原さん自身がテーマとして掲げているのが 「絶望をどう内側に抱えていくか」ということ。今の日本には、実際にそういう人が存在していると思うわ。その絶望にどう向きあうか、どう関わっていくか、どう見守っていくか。様々なことをきっと多くの人が考えているよね。それでも訪れる日常を、じゃあわたしたちはどうやって生きていくのか。それでもわたしたちが生きていく意味はなんだろうか・・・矢内原さんの作品は決して分かりやすい作品とは言えないかもしれないけれど、複雑で難解かもしれない世界のなかで何かひとつ、きらめく光のようなメッセージを受け取って帰ってもらえれば一番良いかなと思うわ。

O君:現在ミクニヤナイハラプロジェクトのホームページでは公演PVが公開されています。是非こちらも見てみてくださいね。






更に詳しく『静かな一日』に迫る!


O君:そういえば、「静かな一日」は以前「a quiet day」として上演したことがあるんでしたよね?

Kさん:そうそう。矢内原さんと映像作家の高橋啓祐さんが“身体と映像がつくりだす空間をより追求する”ために立ち上げたユニット「off-Nibroll」が2012年の夏に横浜でインスタレーション作品の展示を行ったの。その時の映像がこちら。併せて上演された一人芝居「家は南に傾き、太陽に向かって最も北から遠い」には、今回出演する松永大輔さんも参加していたのよ。

O君:うわあ、すごい映像だ。 見入ってしまいますね。

Kさん:高橋啓祐さんは今回の公演にも映像・美術で参加されます。この映像使うのかしら?楽しみだわ。吉祥寺シアターのけいこ場では毎日「静かな一日」の稽古が行われているけれど、簡易的に組まれたセットなどを観ていても、とてもシンプルで洗練されているイメージがあるわ。

O君:映像美術や舞台セットがどのようになるのかも楽しみですね。それとさっきお名前が出た松永大輔さんは、12月にコピス吉祥寺で行ったプレイベント「シンデレラ!あの時のわたしに言ってあげたい」にも出演してくださったんですよね。 そして奥さん役の川田希さんは今回がミクニヤナイハラプロジェクト初参加。舞台だけでなく映画やTV、CMなどで活躍される女優さんです。

Kさん:松永さん、川田さん、そして矢内原さんへのインタビュー動画も公開されているみたいよ。あ、これこれ。





二人芝居ということでそれぞれにかかるプレッシャーも大きいと思うけれど、これまでとは少し違ったお芝居になるような気がして、公演を観るのが今からとても楽しみだわ。

O君:ミクニヤナイハラプロジェクト『静かな一日』は吉祥寺シアターにて2月14日~17日まで上演されます。チケットのお求めがまだの方は、ぜひ武蔵野文化事業団チケット予約までお電話をどうぞ!また今回劇場ロビーでは会場限定の公演ポスターが掲示されるようですよ。公演に来られる方はそちらもぜひ見ていってくださいね!



ミクニヤナイハラプロジェクト『静かな一日』 公演詳細ページはこちら!
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2012/10/-vol7.html

チケット予約はこちらからどうぞ! https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
ミクニヤナイハラプロジェクトHP  http://www.nibroll.com/mikuniyanaihara.html