幸せな時間

投稿者:ピンクのイヤホン


昨日お休みでございました私は、夕方より駒場東大前に向かい、駒場アゴラ劇場で行われている青年団の「平田オリザ・演劇展vol.2」へ!
わざわざ駒場まで行ったのだしということで、アンドロイド演劇の『さようならVer.2』と宮沢賢治原作の『銀河鉄道の夜』、2本だてで観て参りました。


......幸せな時間でした。


上演時間が『さようならVer.2』は25分、『銀河鉄道の夜』は65分くらいと、どちらも比較的短めの作品だったのですが、2作品ともとても濃密な時間が流れており、ぐっと作品の世界に引き込まれる舞台でした。舞台上の人々(そしてアンドロイド)が感じている哀しみや淋しさ、喜び、期待といったようなものを観ているこちら側も一緒になって引き受けてしまうような感覚で、時にはホロッと涙がこぼれそうな瞬間もありました。

『銀河鉄道の夜』はもともとフランスの児童のために製作された児童劇だったということもあり、客席には小学生くらいのお子さんも親御さんと一緒に来られていたようでした。そうかと思えば、私の祖父母くらいの年齢の方々もいらっしゃりましたが、これぞ老若男女を問わず楽しめる作品だろうなと感じました。


アンドロイドやロボットを使った演劇は青年団が大阪大学と連携して取り組んでいるプロジェクトで、今回初めてアンドロイドというものを間近で見ましたが、ぱっと見では人間とほとんど区別がつかないですね...。びっくりしました。
このロボット演劇プロジェクトは、今年の秋に吉祥寺シアターでも公演がございます。チェーホフの『三人姉妹』を原作に、アンドロイドやロボットが出演する舞台が製作される予定です。我々も今から楽しみです!


この「平田オリザ・演劇展vol.2」は4月16日(月)までアゴラ劇場で行われています。上記の2演目以外の公演もございますので、興味がおありの方は、詳細は青年団のHPをご覧下さい。