吉祥寺シアター演劇部2012、終了!

書いた人:コモト


コモトです。去る8月5日、19時より吉祥寺シアター稽古場で「夏休み限定!吉祥寺シアター演劇部2012」発表会が行なわれました。この発表会に向けて演劇部部員16名は劇団「ままごと」の柴幸男さんのもとで5日間毎日稽古を頑張りました。演劇初心者の方もたくさんいたのですが、「演じる」ということに抵抗がない部員ばかりで、純粋にすごいなあーと。その無邪気さやひたむきな姿から、逆にこちらが学ばせてもらうことも多くありました。


発表会は2グループに分かれて行なわれました。『タマゴとアンモニア』グループと『ジュリエット♂とロミオ♀』グループです。タイトルも、脚本も演出も大枠は全て部員たちで決めました。時折柴さんが細かな部分や方向性を付け加え、それぞれ15分ほどの作品に仕上がりました。発表会では若干緊張も見られましたが、さすが吉祥寺シアター演劇部!決めるところは決めて、笑い溢れる発表会になりました。名残惜しむように連絡先を交換し合う部員たち、柴さんにサインをもらったり、写真撮影大会をする部員も。それをあたたかく見守る保護者の方々。しばらくして、お開きとなりました。5日間、お疲れ様でした。


最後に、発表会にお越しいただいた皆様、ご来場ありがとうございました。客席の都合でご観劇いただけなかった一般のお客様もいたようで、ご迷惑をおかけしました。そして多忙なスケジュールのなか、ご協力いただいた講師の柴幸男さん、制作・アシスタント・照明の皆様、ありがとうございました。夏休みのはじまり、5日間だけの演劇部でしたが、参加者の皆さんは楽しんでいただけたでしょうか。夏休みの素敵な思い出のひとつになったのなら、本望です。5日間の稽古風景をFacebookにアップしています。よろしければご覧ください。


おまけ話・・・当日パンフレットに記載していた各部員のニックネームは、部員それぞれが語った「ちょっとした特技や自慢話」「今までの人生の中で長く続けていること」を元に、皆で決めたものです。柴さんが「このあだ名はどう?」と提案したものの皆の反応が悪い場面があり、「俺ってネーミングセンスないのかな・・・」と落ち込む姿が印象的でした(笑)


■コモト、今日の一冊
今回吉祥寺シアター演劇部の講師を務めていただいた柴幸男さんの劇団「ままごと」が、「ままごとの新聞」なるものを発行しています。劇団の日頃の活動を報告するもので、ままごとHPとアゴラ劇場にて配布中だそうです。現在第二号を配布中とのことで、コモト、全部チェックしてます。こちらから見られます→ http://www.mamagoto.org/paper2.html


それでは!