スタッフブログ:2012年08月

                                                      書いた人:クロコ

 

先日のブログでは劇場内空調の温度設定で客席側、
特にお客様の体感温度について一言触れましたが、本日は演じる側、舞台上の空調について。

吉祥寺シアターでは客席側と舞台側は別々に温度設定しています。
側と書いているのは舞台と客席の間に何の仕切りもないので、
冷風の出所は違いますがお互い影響し合います。

舞台上は多くのライトを浴び、激しく動いたりもしますので、
客席より少し温度を下げたいのですが、殆ど同じになってしまいます。

そこで俳優さんの汗に関してですが、昨日のPCニュースで「50度でも水飲まないプロ根性」と言うのがありました。
撮影のセットの冷房が故障し50度くらいの中、俳優の中井貴一さんは汗をかくと邪魔になるからと
水を飲まずに演じたそうです。回りの共演者は危ないねと思ったそうですが。

話は30年ほど前の事ですが、まだ空調設備の性能が良くなかった時代、
小さな劇場では空調機の音が大きい為、本番中は冷房を入れられませんでした。

舞台上はかなり暑く、俳優さんは大汗をかいて演じていましたが、
そんな中、吉田日出子さんは涼しい顔をして演じていました。
どうして汗をかかないのですかと伺ったら「女優は首から下で汗をかいているのよ」と仰いました。


 

まもなく文学座「エゲリア」が始まります!

                               書いた人:H.H

こんにちは、H.Hです。

9月共催公演、文学座『エゲリア』もまもなく開演しますね!ということで、本日は9月共催事業文学座『エゲリア』の劇団制作担当者の方と打ち合わせをしました。

11日(火)14:00、12日(水)14:00の回の前売券がすでに売り切れているそうです。(すみません、事業団取り扱いも終了しております…)特に、12日公演は終演後にアフタートークを予定しておりますので、まだまだチケットを手に入れたい方がいらっしゃると思います。そんな方は、ぜひ当日券をお求めください!!全公演、開演の1時間前に1階ロビーにて販売する予定です。

 

8月も明日で終わりですね。もう秋ですよ。今年は(今年も?)夏を満喫できただろうか、、、

はい!気持ちを切り替えて!

今月は1日しかなかったチケット発売日が9月は3日あります!!(2日、4日、15日)吉祥寺シアターでの公演は、

2日発売:青年団 アンドロイド版『三人姉妹』
4日発売:モダンスイマーズ『楽園』

の2共催事業を売り出します!!

オンライン予約では、比較的スムーズにチケット予約ができますよ。人気劇団のチケットが発売されるこの機会にぜひオンライン予約をご利用ください。

 

武蔵野文化事業団チケット予約TEL:0422-54-2011

         オンライン予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

 

それでは。

 

  • カテゴリ: H.H.

点検中

                            書いた人:ししまるくん

連日暑い日が続いています。
今朝、シアターへ向かう途中に浮き輪とビーチボールを持った子どもたちを
見かけました。
プールまたは海へ行くのかわかりませんが、泳ぐには良い日差しかもしれませんね。

先日ブログでもお伝えしましたが、本日も保守点検日となっております。
劇場は概ね21時まで、稽古場は17時まで下見・見学可能となっております。
ご希望される方はシアターへご連絡ください。

9月からは共催事業である文学座公演『エゲリア』が始まります!
初日は7日(金)、19時からとなっております。
23日(日)までの21回公演となります。
まだ事業団でのチケット取扱い可能な日もございますので、
岡本かの子の型破りな家族のドラマを是非この機に! 

保守点検日

                            書いた人:クロコ

吉祥シアターは本日より、一週間保守点検日です。
劇場の場合一般的なビル管理としての保守点検
(電気、ガス、水道各設備、自動ドア、電話回線、火災警報器、消火設備等)
以外に、舞台音響、舞台照明、舞台機構と言った部分の点検も有ります。
これは劇場利用者に対して、常に正常な状態で機材が動くようにして
おく為の点検で、日常的にも、劇場につめている劇場スタッフが
行っておりますが、年に2回専門的な機械メンテナンスの業者が
1日から2日かけて行います。
舞台機構の場合、電動昇降バトンのモーター部、ワイヤー、
各制御機能、金属加工部分については、完全に保守点検業者に
お願いしています。

現在開館8年目に入っている吉祥寺シアターでは、
各機材のオーバーホールをしなければならない時期になり、
劇場設備の維持に出費が嵩んでおりますが、公演中、
機械的な異常が起こらないと言う意味で、安全第一に行っております。 

劇場下見・見学

                                                                            書いた人:ししまるくん

今日は8月最後の日曜日です。
シアターでは貸館公演である新宿梁山泊・第47回公演
『百年~風の仲間たち』が楽日を迎えます。
15:00開演予定です。
当日券は、開演の1時間前から1階ロビーにて販売予定となっております。
枚数は少なめとなっております。
是非お見逃しないように!

さて、明日からシアターは約1週間の保守点検となります。
(※28日は休館日となります)
ありがたいことに、シアターの稼働率が非常に良いため、現状なかなか
このようにまとまった点検日を取ることができません。
そこで皆さまにお知らせです。
9月1日(土)・2日(日)の両日は点検項目が少ないため、
劇場空間の下見・見学が可能となっております。
今後シアターを利用される予定の方、劇場空間に興味のある方など
ご希望の方がいらっしゃいましたら、シアターにご連絡ください。
先着順にて1団体概ね20分程度でのご案内となります。
この機会に是非! 



 

児童文学のあり方と演劇

投稿者:Director's Choice



夏になると各地で子どもにも観てもらいたい演劇が数多く上演されますね。世田谷パブリックシアターのクリンドル・クラックスは英国と言うことを強く意識させる作品でした。


僕は児童文学を読むのが趣味で、世界中の本を読み漁りましたが、日本と英米ではずいぶん児童文学のあり方が違うと思うのです。
日本で児童文学が好きというと「ふーん、猿かに合戦とかだろ?」と言われます。確かに日本ではこうした話を小さい頃に読むと、ラヴコメのような読みやすい本が待っている感じです。


その一方、アメリカなどは離婚が深刻な問題であり、こうした状況の中で子供たちがどう生きていくべきか、指針のような強く生きる力のようなものを与える役割があるとも言えます。(もちろんファンタジーもたくさんあり、社会派の話が主流という訳ではありません。)
しかし、中学・高校生に相応しい話がきちんと出版され、軽い恋愛ノヴェルとは全く違う世界が描かれています。


吉祥寺シアターでの少年社中「モマの火星探検記」は毛利さんの世界を強く反映した、こうした中学・高校生にも楽しめる世界に近いものでした。その一方KAATの「暗いところからやってくる」は日本の小学生にわかりやすいドキドキする話でしたね。最後のセリフ「友達なんだ」と言うところは感動的でした。「前川さん、いい台詞書くなあ・・・」と幸せな気持ちでいっぱいになりました。


ちなみに、日本の児童文学者で私が好きなのは、岡田淳です。


 
さて、PARCO劇場で三谷文楽の当日券を買って、開演までにちょっとお昼を、と思って、PARCO裏のスパマッチョに行きました。750gでも650円!というもの凄い店。味はなかなかで、250gなら軽く食べられますよ。
 
  
   

暑い一日

                           書いた人:ししまるくん

先ほど自転車で公演チラシ配りをしてきましたが、かなり暑く汗だくです。
熱中症にならないようにしっかりと水分補給した方が良さそうです。

さて、シアターでは貸館公演である新宿梁山泊・第47回公演
『百年~風の仲間たち』が明後日の日曜日で楽日を迎えます。
連日大盛況です!
本日は19:30開演予定です。
当日券も開演の1時間前から1階ロビーにて販売予定となっております。
明日・明後日はともに15:00開演予定ですので、お見逃しなく!

先日、ブログでも紹介させていただいたシアターカフェ
夏の新メニューのパスタ・夏野菜とさっぱりしたトマトのソースの
夏野菜とモッツァレラのラタトゥイユ風美味しいですよ♪
今回で2回目です。
仕事の合い間のランチでいただきましたが、美味しさに癒され
午後からの活力を補充できました。
暑い一日を乗り越えられそうです。 

パレード

                                                      書いた人:クロコ

 

ロンドンオリンピックのメダリスト銀座凱旋パレードに50万人が集まった様子を見て、本当に驚きました。
50万人凄い数ですね。

大会期間中毎日のようにテレビやPCで見ていた選手の顔を、
やはり皆さん生で見たいという気持ちの表れなのでしょう。

しかし、11時からのパレードを前のほうで見るためには、
東京近郊の方でも始発電車に乗り、炎天下の中、
数時間も路上に立ち続けたそうで、本当に頭が下がります。

パレード開始間際に来られた方は、数十メートル先から手を振って
その場の雰囲気を味わったのでしょう。
皆さん、応援したい、夢をもらった、よくやった等いろんな感情を、
選手たちに伝えるためにこの場へ来たのだと思います。

少し話は変わりますが、劇場に足を運ばれるお客様も同じ気持ちなのだと思います。
生で俳優の演技を見、その場の音を聞き、同じ空気を感じることが一番大事なことですね。

50万人のお客様に観ていただくには、何ステージ公演すればいいのでしょうか?

 

発売日はもうすぐ!

書いた人:コモト


コモトです。頑張れ青森!(甲子園の話)


8月も終わりに近づいてきました。明けて9月4日(火)は吉祥寺シアター共催公演、モダンスイマーズ『楽園』の発売日となります。岸田國士戯曲賞を受賞した蓬莱竜太さんが作・演出を手がけ、絶妙な人間関係の描写から、深い感動を味わえる作品となっています。公演詳細はこちらからどうぞ。


モダンスイマーズの舞台を観たことがない!という方に朗報です。発売日前々日の9月3日(月)【日曜深夜】午前0時より、NHK BSプレミアムにて前作『ロマンサー~夜明峠編』が放送されます。この舞台は石田えりさん、千葉哲也さんなど豪華な客演陣を迎えて上演され、好評を博した作品です。コモトも当時観に行ったのですが、立見が出るほどの大盛況でした!少し昔の日本を舞台に、峠に暮らす親子のもとに現れた里の村人とマタギたちの共同生活を描きます。思いがけないラストに息を飲むこと間違いなし!視聴環境が整っている方はぜひ、こちらをご覧になってはいかがでしょうか。


■コモト、今日の一冊
ということでモダンスイマーズの蓬莱竜太さんの岸田國士戯曲賞受賞作『まほろば』をご紹介します。一家族の女性陣が集う居間で、10代~70代まで様々な世代の女性たちが、家系を絶やさぬための跡継ぎ騒動を繰り広げます。「妊娠」をテーマに子気味の良い会話が交わされ、その様子がありありと映像として浮かんでくるように思えます。緻密に作りこまれたホームドラマです。ちなみにモダンスイマーズのHPから購入すると蓬莱さんのサインが付いてくるそうです!


それでは!

『エゲリア』出演者コメント②!!

                                 書いた人:H.H

こんにちは。

先週はお休みを頂いて、地元に帰省して懐かしい友人に会ったり夏フェスと言われるものに行ってきたりで、存分に夏を満喫しましたH.Hです。夏フェスでは、普段聴けない洋楽アーティストの演奏を間近で聴く事ができ大満足でした。今年の夏は、近年稀に見るアクティブさを発揮し、少し日焼けをしてしまったので(泣)しばらく屋内に篭ろうと思います。。

 

さて、前回のH.Hのブログで9月文学座公演『エゲリア』に岡本かの子役で出演される吉野実紗さんのコメントをご紹介しましたが、本日はかの子の夫、一平役の大滝寛さんからのコメントをご紹介しますよ!

どうぞ!!

************************************************

岡本かの子の物語は、もやもやしている私たちにスパッと勇気を与えてくれるに違いありません。規格外の人達です。そばにいると、ちょっと「ウザイ」人達かもしれません。そんな「家族」が一つの目的を見つけると一家を挙げて励ましあい応援する。どんな軌跡を経てこの芸術一家が出来上がったのか興味が尽きません。そこのところしっかりやりたいと思います。私たちの仲間である、瀬戸口郁君の作品です。お楽しみに。

(岡本一平役:大滝 寛)

************************************************

 

大滝さんコメントありがとうございます!!

また、文学座が更新しているエゲリア公式ブログでは、出演者インタビューというものが紹介されているようです。そちらもぜひ、ご覧になってみてください。

文学座『エゲリア』公式ブログ

 

武蔵野文化事業団チケット予約TEL:0422-54-2011
            オンライン予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

 

それでは、皆様どうぞよろしくお願い致します。