冬といえば・・・

書いた人:コモト


コモトです。ついに明日から青年団アンドロイド版『三人姉妹』が始まります。初日20日のチケットの前売券は既に完売しています。当日券情報はまた開演までに青年団吉祥寺シアターのTwitter等でご連絡いたしますので、ご確認くださいませ。

10月も半ばを過ぎ、11月の武蔵野文化事業団チケット発売日が近づいてきました。吉祥寺シアターからは12月の共催公演、劇団SCOT 大人のための児童劇『シンデレラからサド侯爵夫人へ(一幕)』のチケット発売を開始いたします。

吉祥寺シアターでは今年で3年目となる劇団SCOTの公演です。SCOTの本拠地である富山県南砺市の利賀村は、冬は厚い雪で覆われ公演を行うことができません。そんな冬の時期にSCOTは利賀村を飛び出し、南砺市と姉妹都市でもある東京は武蔵野市吉祥寺で公演が行われるようになったのです。この時期、東京でSCOTが観られるのは吉祥寺シアターだけですので、ぜひ。近日中にシアターのホームページで情報解禁の予定ですので、続報をお待ちください。

寒くなってきましたが、季節の変わり目ですので皆様お身体ご自愛くださいませ。


■コモト、今日の一冊
劇団SCOT(Suzuki Company of Toga)の代表・鈴木忠志さんといえば日本だけでなく世界にその名を轟かせる名演出家です。1960年代、唐十郎や寺山修司などと共にアングラ演劇ブームの先駆者となりました。今もなお精力的に活動する劇団SCOTですが、鈴木さんの演劇に対する姿勢や近況などを簡単に閲覧できるのが、劇団ホームページで更新されているブログ「見たり・聴いたり」です。昨年の10月頃には「有難い縁」というタイトルで吉祥寺シアターにも触れていただいていますので、お時間のある 時にぜひご覧いただければと思います。