大工仕事

                                                書いた人:クロコ

ただいま公演中のアンドロイド版「三人姉妹」はリビングの一室で
お芝居が行われています。
室内の椅子やソファーはすっきりしたデザインの物が置かれ、
天井近くまである棚やブラインドの下がった窓のある壁などで
囲まれたリアルなセットになってます。

演劇の装置は脚本や演出次第で、どんな物でも創らなければいけません。
ヨーロッパのどこかの国の農家の庭、宮殿、日本のお寺、
野球場の外野席、団地のダイニングキッチン、架空の建物等、
いろんな仕込みに参加しましたが、大道具会社の人に聞けば
それこそ切が無いでしょう。

以前、「頭山」というシュールな内容の落語を題材にしたお芝居で
古い日本家屋のセットを造りました。
その時は柱や、建具は解体された家屋の資材を集めてた建てた為、
観終わったお客様が、「いいですね、これだけ大工仕事が出来れば
自分の住む家も建てられますね。」と言われたことが有りました。
「確かに我々は見た目は住めそうな家を造りますが、
雨風に耐えられるものは造れないのです。
劇場やテント、体育館などの屋根や壁がある建物の中にしか造れないのです。
そこが、大工さんと大道具さんの違いです。」と言った覚えがあります。
ただ、1日で建てて、2,3時間で無にすることは出来ますが。