来年は何をする?

書いた人:バタコ

ただ今公演中のSCOTも毎公演いっぱいのお客様にお越しいただいていますが、
いよいよ今年も残すところあと僅か・・・来年のスケジュール帳はもうゲットしましたか?
忙しい年末ですが、来年が楽しみになるように、
まだ新しい手帳に来年のスケジュールを書き入れてみるのはいかがでしょうか。
私も早速1月の予定を入れ始めました。見たい公演や人気公演をいち早くゲットしています。

来年の吉祥寺シアターラインナップ、まずいち早くチェックして頂きたいのが
オーストラ・マコンドーのプレイベントです。
こちらの公演は吉祥寺シアターの稽古場で行われるリーディング公演で、なんと500円なのです。「リーディング公演」を知ってはいても見たことがない方も多いのでは?いわゆる朗読劇というものなのですが、最近はいろいろな劇場で上演されています。
演劇大国と言われるイギリスでは出来上がった脚本をいち早く朗読劇として発表し(しかも低価格で)、観客の反応を見て作品の舞台化を決める指標にもなっているそうです。
まさに英国式(?)な今回のプレイベントですが、リーディング公演は安いだけでなくお楽しみポイントも多いのです。

まず、目の前で役者の演技をする姿がじっくり見られること。
演技をしている人の顔ってすっごく面白いんですよね。耳だけで聞くと笑って話しているように思える言葉が、実はとても辛い表情から出ていることも。複雑に様々に変化する役者の表情は舞台では小さく見えてしまうので、稽古場のような小さい空間で、友達と話しているような距離感で、演技している人をじっくり見てみるというのも面白い体験になると思います。
そして、物語に集中できること。
舞台になると、物語がどのように目に見える形になるのかにとらわれてしまいがちです。特に知っている物語だと尚更で、あのシーンがどうやって再現されるのかと気になってしまいますよね。でもリーディングだと、読み聞かせを聞いているような気分でじっくり物語に浸ることができると思います。

演劇ファンはもちろん、映画ファンの方も、演劇を見たことがない方も、
オーストラ・マコンドーを知らないという方も2013年の幕開けに、
まずは気軽に楽しめるリーディングはいかがでしょうか。