お別れのブログ

投稿者:Director's Choice


「最近、吉祥寺シアターおもしろいですね」と言われることが増えたんです。と、劇場の若いスタッフが言う。「ああ、よかった・・・」僕は二代目のこの劇場のディレクターで、明日、市役所に戻りその任を終えます。


夢見る人間の私は、世界の全ての人があなたを認めなくても、僕は君には才能がある!僕と仕事をしよう!と叫ぶのがディレクターだと思っています。若い人の才能を見付け、その才能と共に劇場も育っていくのだと。そして歴史を作った歴戦の勇者とも言うべき巨人達も劇場には必要です。歴史は先人を否定するのではなく、その先人達の上に積み重なっていくものと言えましょう。


僕は音楽・オペラ畑の人間の発想でこの劇場を導いていますので、もしかすると演劇人には理解されないかも知れません。でも「今日、よかったね」とおっしゃっていただければそれで良いのでしょう。2年くらい前まで「僕と仕事して下さい!この劇場にいらしてください」とお願いした方々より前に劇場を去るのは心が引き裂かれるようでもあります。けれど、残ったスタッフが更に歴史を作ってくれると信じています。


演劇に出会って良かった。僕は演劇のおかげで強くなりました。音楽とオペラの人、そして哲学のひとだった私は、演劇と出会って自分自身が光の槍を持って戦う人間に変身しました(もうファンタジーの世界でわかりにくいでしょうか)。


ジェームズ・ボンドのように年間400回以上、芝居に通い、企画を次々と作っていて、ブログに書けない仕事ばかりしていて、ほとんどブログに参戦できなかったことをこの場を借りてお詫びします。


僕はヨーロッパのオペラハウスを観て育った人なので、あなたが、そう一人一人が劇場を育て、愛するのだと思っています。劇場にいらしてくださった全ての方に心からの感謝を込めて。