SCOT公演情報公開!!

書いた人:バタコ

 台風が過ぎ去り、さらに寒くなった気がしますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。そんな冬の訪れを感じる今日この頃ですが、冬の吉祥寺シアターの定番となりつつあるSCOTの公演情報を公開しました。今年も吉祥寺シアターにSCOTがやってきます!しかも今回は『リア王』『新釈・瞼の母』『シンデレラ』の3作品を吉祥寺で見ることが出来るという豪華な連続上演となっています。こちらの公演のチケットは事業団では11月19日(火)から販売いたします!!また武蔵野市在勤・在学・在住の方は12月12日(木)の貸切公演は今からご予約できますので、是非チェックしてください。

 『リア王』は今回、日中韓3カ国版で上演されます。日中韓の役者が入り乱れて上演されるのですが、個人的な注目ポイントとしては、たった一人の中国の役者さんが物語の重要人物となるエドガーを演じるという配役。『リア王』ではエドガーに注目してしまう私としてはとても気になる配役です。その他の詳しい配役は公式ホームページをご確認ください!!
 『新釈・瞼の母』は利賀村で今年も行われたSCOTサマーシーズンで上演され、話題になった作品です。長谷川伸原作の名作『瞼の母』をベースに鈴木ワールドが展開します。母と息子の感動の物語として知られ歌舞伎、新国劇、新派、剣劇、映画、テレビドラマ、講談に浪曲、歌謡曲と様々に形を変え日本で愛されてきた作品です。ですが、もちろんそこは鈴木作品ですから、これまでの『瞼の母』像とは違った新しい作品の姿が観れる作品になるのではないでしょうか。今年の夏、利賀村までは行けない・・・と諦めたお客様は是非吉祥寺でご覧下さい!
 『シンデレラ』はおとぎ話だと思って油断すると大変なことになる作品!(まさに私がそうでした。)なんと言っても女の子の永遠の憧れの王子様が登場しないんですから!!もしおとぎ話や王子様を信じていた子どもの頃にこの舞台を見ていたら、きっと人生が変わっていたんじゃないかと感じる作品ではないでしょうか。

公演チラシも先日届きました!それがこちら!!












吉祥寺シアター1階ロビーに掲出していますので是非ご覧下さい!

 現在公演中のアマヤドリもチケットは公演前日16時まで武蔵野文化事業団チケット予約でご予約承っています。公演も明日の休館日を挟んで後半戦です。是非お見逃しなく!!