白い建物。

書いた人:しだた
 

 また一段と寒くなりましたね。先日は雪の降る予報が出ていたので、少しそわそわしていましたが、結局みぞれ?のようなものしか自分の生活圏内では確認できませんでした。どうやら積もった雪を見るのは来年へと持ち越しとなりそうです。東京にいると毎年数回は雪が積もることがあるので、そのときは無駄に窓の外の風景をじっと見たりしてしまいます。というのも、私の生まれ育った地元では、雪が積もるどころか、降ることすらめったになかったので、いまだに雪を見るとうれしくなってしまうのです。
 

 ところで先週、武蔵境の駅前にある武蔵野プレイスへ行ってきました。何をしに行ったかというと、美術家の毛利悠子さんの「~りぼんreborn~」という展示を見に行ったのです。毛利さんの作品は日用雑貨など普段私たちが見慣れたものを機械仕掛けに組み替えて、音や光が出る仕組みになっていて、ずっと見ていられるような心地よい作品でした。ちょうど武蔵野プレイスでは明日(23日)まで、「プレイス・フェスタ2013」というイベントウィークで、会期中はワークショップや上映会など様々な催し物が開催されているのです。外から見ると白くてとても不思議な形をした建物の武蔵野プレイスですが、中はカフェがあったり、きれいな自習室があったりと、とてもおしゃれで居心地の良い空間です。しかも22時まで開館しているとのことなので、仕事帰りでもふらっと立ち寄れる場所なのです。定期的にいろいろなイベントも開催されていますし、こういった施設が近所にあるといいですよね。
 

 さて、吉祥寺シアターでは、早いものでSCOT『新釈・瞼の母』が本日15時の回で終了です。『リア王』公演後の建築家磯崎新さんのトークに引き続き、『新釈・瞼の母』では、公演後に鈴木忠志さんのQ&Aも開催されまして、こちらも盛り上がりを見せたようです。そして、ついにSCOT最後の演目『シンデレラ』は26日(木)の15時、19時の2回公演のみ!こちらも公演後は、鈴木さんのQ&A付きなので、気になった方はお早めのチェックをお願いします。武蔵野文化事業団でもチケットの残りが若干あるので、まだお求めでない方はぜひ! 公演前日(25日)の16時まで販売する予定です
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2013/09/scot-1.html