まもなく『3crock』登場です。

書いた人:バタコ

 あっという間に4月20日!5月も目の前ですね。4月に入ってからなぜか私が休みの日には必ず雨が降るという「雨女」状態が続いています・・・。最近では休みの日がかぶるとみんなに嫌がられる始末です。雨は私のせいじゃないですよ!負けずに今日も頑張ります!!

 さて、いよいよ2014吉祥寺シアターラインアップが始動しました!
トップバッターは演劇集団砂地の『3crock』~河竹黙阿弥作「三人吉三廓初買」より~
タイトルにもある通り「三人吉三」から着想を得た作品です。「三人吉三」というと言えば歌舞伎の人気演目で、今年6月にBunkamuraシアターコクーンで行われるコクーン歌舞伎でも上演されることが決定しています。初演は1860年ということなので、約154年前につくられた作品ということになりますが、その物語は現代の私たちが見てもドキドキしてしまうサスペンスもの!登場人物たちも知らずにいた過去の因縁が次第に明るみに出て行く様子は、思わず引き込まれてしまいます。私にとっては初めて観た歌舞伎の演目がこの「三人吉三」だったので、この作品はかなり印象に残っている思い出の作品です。七五調の聞いていて心地よいリズムの台詞で進む、盗人たちの運命的な出会いに義兄弟の契り、兄妹の禁じられた恋、因果の元の謎の名刀・・・とドキドキしてしまう要素が盛りだくさんの作品で、この作品を初めての歌舞伎に選んで本当に良かったなぁと思っています。そんな歌舞伎との出会いからすっかり歌舞伎が好きになり、二ヶ月に一回は歌舞伎を観に行くほどのファンになりつつあります。初めて歌舞伎の物語に触れる方にも本当におすすめなのが「三人吉三」です。

 そんなドキドキ要素が盛りだくさんの「三人吉三」は、その盛りだくさんのせいで少々話が複雑になっていて、歌舞伎だと本当に長い・・・。そんな「三人吉三」が現代劇になる!ということで、歌舞伎を見たことがないという方にも楽しんで頂けるのではないかと思います。どうやら吉祥寺シアターの舞台がまたもや新しい表情を見せる予感・・・。舞台美術も是非お楽しみに!歌舞伎「三人吉三」の詳しいあらすじは文化デジタルライブラリーで見ることが出来ます。歌舞伎の舞台写真や映像なども見ることが出来るので、予習をしたいという方は是非チェックしてみて下さい。

砂地『3crock』もFUKAIPRODUCE羽衣ものチケット発売中です。
どちらもご予約はお早めに。
ご予約はこちらから↓
https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
皆様のご来場お待ちしております。