夏休み。


書いた人:しだた

 
 気がつくと早いもので、もう8月も半分が過ぎ去ろうとしています。8月31日までが夏休みという小中学生の方々は、残りが少なくなってきて宿題が終わってない!と焦り出す時期ではないでしょうか。学校を卒業して、学生の頃は夏休みがあってよかったなぁ~と羨ましく思いますが、思い返してみると夏休みはだらだらと無駄に時間を過ごして、終わり近くになって、後悔するということを毎年繰り返していたように思います・・・巷はお盆ということで、今朝の通勤時間帯の電車はいつもの平日と比べるとかなり空いていました。高速道路や新幹線は帰省する方々で混雑しているんでしょうね。
 

そんなことを考えていると、先日吉祥寺シアターの稽古場で行った『夏休み限定!吉祥寺シアターダンス部2014』に参加してくれた小学生の方々が底無しのパワーを稽古場で発揮していたのを思い出しました。夏休みというのは学生の特権みたいなものですし、良い思いでの一つになっていてくれればと願うばかりです。
 

 さて、吉祥寺シアターでは来月9月12日から21日まで公演を行うアマヤドリ『非常の階段』のチケットを現在発売中です。今年のアマヤドリは「悪と自由」のシリーズというテーマのもと三部作の作品を発表するそうで、今回『非常の階段』はその第二弾の作品にあたるそうです。ちなみに第一弾は小劇場としては異例の1ヶ月ロングラン公演を行った『ぬれぎぬ』という作品です。この作品は、アマヤドリの作品スタイルとしても異例で、音楽を使用していなかったり、アマヤドリの舞台の特徴ともいえるダンスや群舞が封印され、淡々と静かな会話劇で物語は進められていくのです。来月のシアターでの公演ではどのようなアマヤドリを見せてくれるのでしょうか、楽しみです。気になった方は現在武蔵野文化事業団でも前売チケットを発売中なので、チェックしていただければと思います→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
 

ちなみに今回のチラシは、いつもアマヤドリのチラシビジュアルを担当されている山代政一さんという方によるもので、めちゃくちゃかっこいいので、ぜひ劇場などで見かけた際にはじっくりご覧いただければと思います。(色の基本が赤なのでよく目立ちます!)