スタッフブログ:2015年01月

おいしいご飯はチームをつくる!

 

 書いた人:めろん

 

 昨日より、サスペンデッズ第16回公演『夜と森のミュンヒハウゼン』上演が始まりました!!早速、アンケートなどでお客様から「泣けた~、感動した~!」といったうれしいお声をいただいております!

 

 公演情報ページカンゲキのススメで見どころなどはすでに触れられているので、あとは舞台を楽しみにご覧いただきたいと思うのですが、サスペンデッズが小屋入りしてから私が魅力的に感じていることがあるのでお伝えしたいと思います。

 

 それは・・“炊き出し”!!

 

 劇場に入るとスケジュールはぎっしり、いつ何が起こるか分からない・・という状態になるので、劇団側がスタッフさんや役者さんたちのご飯を用意するということがあります。これは主に劇団の制作さんのお仕事で、やり方は劇団によって様々ですが、お弁当を劇場近くのお弁当屋さんに発注して用意するということが多いです。だから、劇場には近隣のお弁当屋さん情報が劇団のために用意されていたりします。

 

 お弁当ではなく、劇団みんなで協力してご飯を作ることもあります。その、ご飯を作ることを、“炊き出し”と言うのです。本番直前の忙しい時間の合間を縫ってご飯を作るのはかなり大変だろうと思うのですが、ひとつの舞台に関わる人たちが、文字どおり「同じ釜の飯を食べる」というのは、チーム!!!という感じがしていいですよね!

 

 サスペンデッズは炊き出しをしていて、お昼前や夕方になるといいにおいが劇場の事務所まで・・・。「みんなでご飯を食べているんだな~いいな~」と、こっそり羨ましく思っておりました。そんなチーム・サスペンデッズ、舞台上でも素晴らしいチームワークを見せてくれると思います!!各回当日券も出るようですので、ぜひぜひ吉祥寺シアターまで足をお運びください!

 

チケットのご予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

または0422-54-2011(9:00~22:00まで) 

 

 

オーストラ・マコンドー「家族」公演に向けて(小津安二郎映画より:俳優編)


書いた人:スピカ


 本日、劇団オーストラ・マコンドーによるプレイベント「東京物語を読む!」のワークショップが開催される運びとなりました。ご参加頂いた皆様ありがとうございました。17時からの参加者による発表会の観覧は無料となっておりますので、ご興味のある方はぜひとも吉祥寺シアターまでお越しください。また「東京物語」をもとに同劇団、倉本朋幸さん脚本・演出による「家族」の本公演が3月にございますので観劇をご検討頂ければ幸いです。

 さて、新年が明けて、新聞を読んでいると脚本家の山田太一さんの朝日賞受賞の報が眼に飛び込んできました。山田太一さんと言えば、少し前のことになりますが私は講演会でお話を拝聴する機会がありました。講演の中では(フリーとして活動を決めた際に)笠智衆さんを主軸に据えて脚本を書いてみたかったというお話が今でも印象に残っております。

 その場にいらした聴衆は20-30代が中心だったため、おそらくは「リュウチシュウ」という響きに“誰だったかその俳優さんは?”という方もいらしたかもしれません。

 お顔が分かればそれと知れるのに、名前が出てこない、笠智衆さんは若い世代にとってはそんな俳優のお一人かもしれないと私は勝手に思っていたりします。

 笠智衆さんは戦後の小津映画には欠かせない俳優の一人です。「東京物語」をはじめ、多くはご年配の、老父役を演じたことで知られます。88歳まで現役を貫かれた方ですので、まさに役柄の年齢に実年齢が徐々に追いついていったような人生を歩まれたように思います

 ちなみに山田太一さんが脚本を務めた笠智衆作品というのはどういったものだったのか調べたところ「ながらえば」「冬構え」「今朝の秋」など1980年代にNHKで放映されたもののようですね。いつかDVDで鑑賞したいものです。

 さて、その中の一本に、田舎に隠遁していたご老人が都内に住む一人息子の死が近いことを知り病院に駆けつける・・・と「今朝の秋」の解説文にありましたが、これは確か、内容は逆で、息子が田舎の父親の元へ戻ってゆくというものがあったなとデジャヴュのようなものを感じたところ、2008年に民放で放映された「風のガーデン」(倉本聰さん脚本)で演じた緒形拳さんの姿でした。笠智衆と緒形拳、活動された期間は少し異なりますが、俳優のあるべき境地として緒形さんが笠智衆さんの名を挙げていたことは意外に知られていないことかもしれません。詳しくは『SWITCH STORIES 彼らがいた場所』新潮文庫 の笠智衆の章、並びに解説にその詳細が書かれてあります。

そんなこともあり「風のガーデン」と聴くとこの作品が遺作となった緒形拳さんと笠智衆さんの姿がダブって見えてしまうことがあります。 

時の振り子

 

 

書いた人:スピカ

 

およそ10年前に買った時計が急に止まってしまったので、電池を換えに行くことにしました。店の従業員の方が使い込まれた時計を見て

「これ・・・いつくらいに(電池)交換しましたか?」

「10年くらいもちましたかねぇ」

なんてやりとりのうちに、そんなに内臓バッテリーがもつものなんですか?

と店の方に驚かれはしましたが・・・。

 

 以前、当ブログにも十年一昔、英語ではdecadeですね。などと物知り顔で申しておりましたが、改めて電池を入れ替えた時計を手にすると、止まっていた時が動き出したかのようで購入したときから数えて十年という“時”の、歳月の重みを持っていったときよりも治したものを持ち帰るときにズシリと感じました。

 そんなこともあってかTVではつい少し前にあった今年の成人式の様子などを見ておりましたら、ある小学校の先生が、教え子たちの10代を撮ったビデオ録画を本人に見せるという試みに眼がいき、改めて10年という時間の重さを思いました。言うまでもなく10代(子ども)の十年と20代過ぎてからの(十年)では意味が大きく違いますけどね。・・・既に成人式なんてあったのかというくらいに歳を重ねてしまいましたが、自分にとっての貴重な想い出や価値観は変えずにブレイクスルーできる術を私自身も身につけたいものです。

 

 さて前置きが長くなってしまいましたが、吉祥寺シアターでも昨年の内はまだまだ先のことと思っていた1月の催し物が本番を迎えることになりました。

 まず劇団オーストラ・マコンドーの3月公演「家族」の、プレイベントとして開催される1月18日(日)17時からの「東京物語を読む!」(リーディングイベント)参加者による無料成果発表会、続いて、24日(土)からはサスペンデッズによる公演「夜と森のミュンヒハウゼン」です。

 サスペンデッズの公演を含め吉祥寺シアターの事業団、チケットの前売りに関しましては回によっては若干枚数となっているものもありますので、ご興味のあるお客様はお早めにご予約をお願いいたします。(チケットのご予約は→こちら

  

観劇初め

書いた人:めろん

 

 2015年“観劇初め”はもうお済みですか?

 

 私の今年の観劇初めは、当館で上演された前進座さんの『松本清張 朗読劇シリーズ』でした!3つの演目のうち、『波の塔』を職務で拝見(拝聴?)させていただいたのですが、3人の役者さんが複数の役を見事に演じ分けていらっしゃっていて、本当に引き込まれるような舞台でした。1時間を超える上演時間があっという間に過ぎ、仕事とはいえ観劇初めにふさわしい時間を過ごさせていただきました。

 

 さて、2月3月の公演のチケット販売が続々と開始していますが、今月上演の当館提携公演・サスペンデッズ『夜と森のミュンヒハウゼン』も、初日までいよいよあと2週間を切りました!

 

 劇団さんのTwitterやブログも日々更新され、公演に向けての稽古の様子を伺い知ることが出来ます!http://suspendeds.jugem.jp/ ブログにもあるように、『夜と森のミュンヒハウゼン』初演の際は、そのセットがかなり話題となりました。今回もどんなセットで吉祥寺シアターをサスペンデッズワールドに変えてくれるのか、かなり楽しみです。また今回は新しい役やムーブメントも加わるということで、初演をご覧になった方も楽しめることと思います!

 

 「チケット取り忘れていた・・!」という方、ご安心ください!お席がかなり少なくなってきた回もありますが、まだご予約間に合います!「そういえば年が明けてからまだ観劇していないな~」という方も、観劇初めにぜひ吉祥寺シアターでお待ちしております。

 

チケットご予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

または 0422-54-2011(9:00~22:00)まで

 

 

2015年よろしくお願いいたします!

書いた人:バタコ

 吉祥寺シアターが10周年を迎える2015年がやってきました!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。インフルエンザがはやっているようですので、ぜひお気をつけ下さい!!

私は2015年初シアターカフェでランチをして来ました!
今年は羊年ということで、シアターカフェにはいろんなところに羊ちゃんが!!












カフェにご来店の際は店内の羊ちゃんを探してみて下さいね。


店長の今年のおすすめメニューは「ポタージュカレー」です!
早速私も食べてみました!!それがこちら↓













「ポタージュカレー」をはじめて食べたのですが、このポタージュカレーはよく家庭で食べるようなカレーで使われるルーを使わないカレーなのだそうです。野菜のペーストとスパイスを使ったカレーなので、健康に気を使われている方にも、女性にもとっても嬉しいカレーです!!味もカレー特有のお腹にドスンと来る重さがなくて、さっぱりしていて味も優しい…でもスパイシーでとっても美味しかったです。ぜひ一度ご賞味下さい!


そしてもう一つのおすすめはおしゃれなケースに入ったマフィンです。












このマフィンは店長のきまぐれマフィンということで、運がよければ食べられるかも知れません!その日の気分によって味も変わるようなので、ご来店の際はぜひチェックしてみて下さい。今年も吉祥寺シアター&シアターカフェで皆様をお待ちしております。

そして本日よりオーストラ・マコンドー『家族』柿喰う客女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』のチケットが販売開始となりました!ぜひご予約はお早めに。
ご予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

新年のごあいさつ

書いた人:めろん

 

 新年あけましておめでとうございます!

 

 光陰矢の如しという言葉を年々実感します。特に1月から3月はあっという間に時間が経つので、「もう1年が経ったのかー」と思ううちに「もう新年度なのか!!」と毎年思わされます。時は金なり・・・。時間もお金も無駄遣いせず満足しながら使いたい!と言いながら、1年後にはまた「もう1年が経ったのかー」と言っている自分が想像できます。

 

 さて、吉祥寺シアターでは2つの公演のチケット販売が1月10日(土)に開始されます!ひとつは2月5日より上演する柿喰う客 女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』、そして3月5日より上演のオーストラ・マコンドー 小津安二郎に捧げる『家族』

 女優のみでシェイクスピアを上演し、今や柿喰う客の人気シリーズとなった女体シェイクスピアと、公演に先駆けて行われるリーディングイベントもあっという間に定員になったオーストラ・マコンドー。どちらも話題性十分で、今から期待が高まります!!ぜひお早めにご予約いただき、いいお席でご覧いただきたいと思います。

 

 今年の終わりには、「もう1年が経ったのかー。今年も舞台を満喫したなぁ!」と気持ちよく来年を迎えられるといいなぁと思います。本年も吉祥寺シアターをどうぞよろしくお願いいたします。 

 

 

 

新年。

 

書いた人:しだた

 

 明けましておめでとうございます。早いもので2015年がやってきましたね。今日は今年初の出勤だというのに、なんとなくまだ正月気分が抜けないのか、朝からいつものように体が動いているような気がしません・・・
昨年末のブログにも書きましたが、お正月は実家のほうに帰省しまして、犬の散歩に行ったり(滅多に会わずあまり懐いていない・・)、正月らしく凧揚げをやったり(開始30分程度で屋根に激突し破壊・・・)とまぁそれなりにゆったりとした時間を過ごすことができました。昨年は秋頃10数年ぶりに風邪で熱を出して寝込むなんてことがあったので、今年はずっと健康に一年を過ごすべく、健康と運動を目標に乗り切ろうかと思います。ちなみに今シーズンは数年ぶりにインフルエンザの予防接種を受けました。(今更自慢するようなことでもないですね)

お正月が終わると、ここから一段と冷えますし、今朝は自転車で駅に向かうため真冬用の革の手袋を引っ張り出してつけてきました。さすがにそろそろ真冬用のコートも出して備えないといけないなぁと思っているところです。そして今年も東京は雪が積もるんでしょうか。昨年の雪でさんざんな目にあったので(家の前が川になったり、電車が止まったり)今年は積もるとしても楽しめる程度の雪で勘弁してほしいなぁと願うばかりです。

 さて、吉祥寺シアターは本日は何も催し物は入っておらず、変則的に17時で閉館になり、明日より通常通りの開館時間となります。今月は18日(日)17時より劇団オーストラ・マコンドーの3月に予定している本公演『家族』のプレイベントを行います。内容は小津安二郎監督の名作映画『東京物語』の脚本を読むリーディングワークショップの無料成果発表会です。参加者約40名の方々は今回本当に年齢幅が広く、まさに老若男女入り交じる発表会になると思います。そして発表会の演出はもちろんオーストラ・マコンドー主宰の倉本朋幸さんが手掛けます!どんなものになるのか楽しみですね! 新年一回目の観劇にふらっと吉祥寺の街に足を運んでみるのはいかがでしょうか。ご来場お待ちしております!イベント詳細は↓
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventworkshop/2014/12/post-10.html

そして3月に行われる本公演の『家族』の公演詳細も本日アップしました!↓
http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2014/12/post-31.html
こちらもあわせてぜひご覧ください!