スタッフブログ:2015年02月

吉祥寺シアター3月公演掲載情報!

書いた人:バタコ

 2月ももうすぐ終わり!3月は吉祥寺シアターの注目公演が続きます。各公演についてのインタビュー等がHPや雑誌に掲載されていますので少しご紹介いたします。
 まずはオフィスコットーネ『漂泊』から演出の田村さん、出演の市毛さん・若松さんのインタビューがシアター情報誌Confetti4月号に掲載されています!












約20年振りの舞台出演となる市毛さんの意気込みや気になる作品の内容まで、公演がますます楽しみになる内容です。吉祥寺シアターでは早速チラシラックに掲出いたしました。その他の劇場でもゲットできます!ぜひお手に取ってご覧下さい。

そしてオーストラ・マコンドー『家族』はHPにインタビューが掲載されています。
インタビューはこちらから→http://www.austra.tv/tei_01.html
稽古の様子や作品の内容についてなど、かなり細かいインタビューで読み応えありです。ぜひ公演前にチェックしてみて下さい。

どちらの公演もチケット絶賛発売中です。3月は吉祥寺で観劇三昧しませんか?
チケットご予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/
皆様のご来場お待ちしております。

 

  

シアターカフェの隠れメニュー

書いた人:バタコ

 柿喰う客 女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』は2月17日(火)に無事楽日を迎えることができました!たくさんのご来場誠にありがとうございました。

2月は土日の公演を除いて、保守点検週間に入る吉祥寺シアター。公演がないとロビーや劇場は人気がなく少し寂しい印象です。でもそんな保守週間にも少イイコトがあるんですよ!!実はシアターカフェの隠れランチメニューが登場するんです!!

それがこちら↓












私が食べたのは「菜の花とアンチョビのクリームパスタ」でした!メインとなる野菜はその日のおすすめによって変わるそうですが、アンチョビのクリームパスタは、公演が夜だけの日、もしくは公演がお休みの日だけ登場する限定メニューなんです。アンチョビが好き!という方はもちろん、アンチョビはあんまり・・・という方にも、クリームでまろやかになっていてお子様でも食べやすい味でした。特にこの日の菜の花入りは、まだまだ寒い日が続いていますが、春を感じることができました。公演は少ない2月末ですが、カフェは24日の休館日以外毎日オープンしていますので、是非遊びに来てください!

そして2月が終わるとすぐにオーストラ・マコンドー『家族』オフィスコットーネ『漂泊』の公演が始まります!どの公演もご予約はお早めに!
チケットご予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

 

『完熟リチャード三世』盛り上がっています!

書いた人:バタコ

 吉祥寺シアターでは現在柿喰う客 女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』上演中です!!

吉祥寺シアターでは女体シェイクスピアの上演は3回目!各公演を思い出していただこうと「女体シェイクスピアの過去作品ポスター」展示を吉祥寺シアター2階ロビーに出してみました!ご観劇の際は、是非こちらもチェックしてみてくださいね。
まず一つ目が、女体シェイクスピアが初めて吉祥寺にやってきた『絶頂マクベス』のサイン寄せ書き&ポスターです。












そうそう!このメイド服と執事服が登場したときのインパクトは忘れられません。この公演には柿喰う客の劇団員、深谷さん、七味さん、葉丸さんに加え、岡田さん、内田さんと今回の公演の7人中5人が出演されていたんです!! 懐かしいですねー!


二つ目は『失禁リア王』のサイン寄せ書き&ポスターです!












このポスターもインパクト大!!思わずうっとり眺めてしまいます。ミュージカル仕様になっていたこの作品、柿喰う客では恒例となっている乱痴気公演(全キャストシャッフル公演)はいつも以上に大変そうでしたが、盛り上がりもさらに倍増していましたよね。

今回の乱痴気公演もかなりの盛り上がりでした。乱痴気公演は終了しましたが、残念ながら参加できなかった皆様にはまだ2月14日(土)のバレンタインデーの夜はガールズナイトがあります!!女だらけのバレンタインデーガールズナイトはいっそう盛り上がること間違いなしです!?是非お楽しみに。

柿喰う客女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』のチケットは武蔵野文化事業団では前日16時までご予約受付中です。オーストラ・マコンドー『家族』オフィスコットーネ『漂泊』の公演もご予約受付中です。どの公演もご予約はお早めに!

チケットご予約はこちらから→https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/

劇作家のための講座、はじまります

 

 書いた人:めろん

 

 突然ですが、小学校の卒業式で、「将来の夢はシナリオライターです」と言いました。

 

 今思えば、テレビドラマも生の舞台もほとんど見たことがない子供が、なぜシナリオライターと言ったのだろうと思いますが、私の創作意欲は幼稚園のときにスーパーのチラシの裏に書いた「けろけろけろっぴの大冒険」にはじまり、中学生になって演劇部で自作の脚本を演出するほどになったのです。

 しかし、中学3年生のときインターネットや学外の活動などを通じて脚本を書いている同世代の他のひとたちに出会い、私は早くも挫折しました・・「文章って才能がいるものなんだ・・・」

 

 こうして子供のかわいい夢は簡単に潰えてしまいました。残念。あのときひとりで勝手に挫折するのではなく、誰かに相談して「こうやってみたら?」と手を差し伸べられていたら、私の未来は変わっていたかもしれません・・・。

 そうです、夢はひとりで叶えるなんてかっこつけずに、誰かが助けてくれるならば、大いに甘えるべきです!!

 

 吉祥寺シアターでは、4月から『若手舞台人のためのドラマ・ドクター』という企画をスタートします。あなたが書いた戯曲を、ティーファクトリー代表の川村毅さんに1対1で見ていただける大チャンスです!!夢叶って劇作家になった方、劇作家になる夢を夢中で追いかけている方はもちろん、夢を諦めかけている方も、ぜひチャレンジしてみては?!選考を経て、秋には受講者の作品を使用したリーディングイベントも実施予定です。4月の講座への参加申込みは2月末まで!詳細は以下のURLをご確認ください。多くの方のご応募をお待ちしております!!

 

『若手舞台人のためのドラマ・ドクター 川村毅』

http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventworkshop/2015/01/post-11.html