『小池博史ブリッジプロジェクト』

書いた人:まるた
 

 

 こんにちは!
 12月に入っていよいよ寒さも厳しさを増してきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?気付けば夕方の5時にはもうすっかり真っ暗で、一日があっという間に終わってしまう気分になりますね。

 さて、昨日から小池博史ブリッジプロジェクトが小屋入りしました!(例のごとく「KIKH」と略させていただきます。)
 去年の『風の又三郎―Odyssey of Wind―』で記憶に新しいKIKHですが、今年はアジアが誇る長編叙事詩「マハーバーラタ」をひっさげて、吉祥寺にやってきます!
 実はKIKHでは“汎アジア計画”と称し、約2年前から「マハーバーラタ」の制作ツアーをアジア各地で行ってきたのですが、3年目となる今回の上演が初の(!)KIKH版「マハーバーラタ」日本・東京公演となります。


 ・・・と、ここまでさらっと「マハーバーラタ、マハーバーラタ」と繰り返してきましたが、「はて、まはーばーらた、とは?」と思った方もいるのでは?「まばーばー、、、まはばーらら?まはばたた?いったいどこで区切るの!?」と。
 そして、いざwebなどで「まはーばーらた」と検索をかけて調べてみてさらなる驚愕を受けるはずです。「話ながっ!人おおっ!!」


  そんなあなたにおトクな情報です。KIKHのHPに、一目で分かる!マハーバーラタ人物相関図がアップされています!じゃじゃーん。http://kikh.com/mahabharata/familytree/

 さらにさらに、10秒で分かる4コマ漫画「すげぇよバラタさん」が絶賛更新中です。http://kikh.com/mahabharata/manga/index.html

 他にも、マハーバーラタのお話や背景に迫るユニーク企画「新人演出助手まつりかがいく!マハーバーラタってなんですか?」などなど、マハーバーラタ初心者の皆様にお役立ち情報が満載であります。http://kikh.com/mahabharata/what/

 これらをすべてマスターすればクイズ大会で一攫千金狙えること間違いなしです(嘘です)。ぜひご参考になさってください。


 ちなみに、「マハーバーラタ」というのは、「マハー(=偉大な)バラタ族の物語」といったような意味ですので、区切り方としては「マハー/バーラタ」が正解です。謎がひとつ解けましたね。

 小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画『幻祭前夜 ―マハーバーラタより』は、明日8日(火)~16日(水)まで、全10回公演。トークゲストも続々と決定いたしました!まだまだご予約承っている回もございますので(13日(日)の回は残念ながら完売しておりますが)ぜひお早目のご予約をお願い致します!この機会をぜひお見逃しなく。

 
 小池博史ブリッジプロジェクト公演詳細ページはこちらから↓
 http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/eventinfo/2015/08/post-40.html

 小池博史ブリッジプロジェクト公式HPはこちらから↓
 http://kikh.com/

 武蔵野文化事業団チケット予約にて好評発売中!!
 https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-t/