スタッフブログ:2017年04月

クロムモリブデン間もなく!

 

書いた人:しだた


 随分久しぶりの更新となってしまいましたが、早いもので、春・はる・ハル!ですね。といっても突然寒い日がやってきたり、まだ花粉が飛んでいたりで、なかなか落ち着かない日々を過ごしています。吉祥寺では、飲み物や食べ物を大量に抱えた方々が井の頭公園を目指して、歩いている姿をよく見かけます。

 
 さて、そうこうしているうちに吉祥寺シアターも新年度となりまして、4月20日(木)からクロムモリブデンの公演がはじまります!1989年に劇団を旗揚げし、以来40本以上連続新作上演!を続けているクロムモリブデン。主宰で作・演出を手掛ける青木秀樹さんの描く世界観はまさに唯一無二。先日アップされた青木さんの今作に関するインタビューにも “デビッド・リンチ”の名前が挙がっていたので、納得してしまいました。リンチといえば、言わずもがな世界でカルト的な人気を誇っている映像作家です。個人的には映画「マルホランド・ドライブ」に魅了された一人ですが、クロムモリブデンを始めてみたときも、その独自の世界観に圧倒され、どんどん引き込まれていった記憶があります。一度見ただけでは、その細部まで全てを読み取ることは難しいのですが、舞台上に立ち上がる独自の世界観と次に何か起こるのだろうかというわくわく感でじっと集中して見ました。そんなクロムモリブデンの最新作が『空と雲とバラバラの奥さま』、ということで、予告動画を見てみましょう。

 

 

全貌がなかなか見えないですが(笑)キーワードは『嫁ぐ』と『樹海』みたいですね。その他いろいろな情報をかき集めたところ、なんでもたくさんの“嫁ぐ”“嫁がれる”人々がいるある村(樹海の奥?)が舞台となるお話だそうです。(あくまで予想なので、正解はぜひ舞台をご覧になって確かめてください!)また、その世界観を表現するための小道具や衣裳なども細部までこだわっているので、ぜひチェックしていただきたいです。
あと、音響へのこだわりがすごいんです!ライブハウス並みの音響(音圧?)で、耳からも観客の感性をバシバシ刺激します。そして何と、今回はその音響を駆使して、前回公演『翼とクチバシもください』の爆音上映も4月28日19時から行われるとのこと、こちらも要チェックです!(その回は公演はないので、ご注意ください)
 

4月20日(木)~30日(日)クロムモリブデン『空と雲とバラバラの奥さま』
公演詳細はこちら→