スタッフブログ:カテゴリ

柿、柿、柿!

書いた人:コモト

 

コモトです。

つ、ついに!柿喰う客『絶頂マクベス』開幕いたしました!
シアターのロビー入り口では『絶頂マクベス』のポスターがお出迎え。
ロビーでは様々な柿喰う客グッズが販売されています!
ご来場される方はぜひグッズ販売のコーナーで
足を止めてみてください◎

そして柿喰う客ホームページでは、
『絶頂マクベス』のPVが公開されております!

さあ、テンション上がってきました!
事業団でも各公演前日までチケット受付しておりますので
ご検討くださいませ!
 

■コモト、今日の一冊

今日のおすすめは小林聡美のエッセイ『東京100発ガール』です。
個人的に小林聡美さんが好きなので・・・
文章も、演技に通じるようなゆるさとおだやかさがあって
とっても癒されます。

それでは、また!


 

マクベス!

書いた人:コモト

 

コモトです。めっきり春ですね!
先週末、上野公園の野外ステージで行なわれたライブに行ってきたのですが、
敷地を埋め尽くすようにあちらこちらでお花見が開催されていました。
桜ももって後1週間弱でしょうか。それまでには一度お花見に行きたいです。

さてさて、今週末からついに柿喰う客『絶頂マクベス』の上演が始まります!
劇団のホームページでは、キャストの配役が公開されたようです。
深谷由梨香さん演じるマクベスと、内田亜希子さんによるマクベス夫人の
掛け合いが今から楽しみですね!

吉祥寺シアターホームページの「カンゲキのススメ」でも、
柿喰う客の公演紹介ページが更新されていますので、ぜひ!

さてさて、

 

■コモト、今日の一冊

今日の一冊は中島らも『中島らもの明るい悩み相談室』です。
相談者からの様々な質問に、中島らもが快活に答えていきます。
悩んでいるのがばからしくなります(笑)
肩の力を抜きたいときに是非一読ください。



それでは、また!


 

子猫の行方

書いた人:コモト

 

3日連続でコモトがお送りします。

突然ですが、じゃーん。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ちゃんです。

この写真の茶色の猫ちゃん、チャチャという猫なのですが
実は昨年の夏頃、吉祥寺シアターの駐輪場で発見された迷い猫なのです。

あれは小雨の降る日だったでしょうか、
「駐輪場に何かがいる」という話を聞きつけた職員が向かうと
隅のほうでぶるぶる震えながらちんまりと丸くなっている・・・・・・・子猫。

発見後はシアターカフェの店長さんのおうちで一晩過ごしたり、
劇場に入っていた劇団のスタッフさんが病院に連れていってくれたりと、
その際はいろいろと皆様、お世話になりました。。

その後子猫はシアターやシアターカフェを日ごろからご利用いただいている
お客様の元に預けられることになり、職員もホッと一安心。

今でもそのお客様が時々事務所にいらっしゃり、
猫ちゃんの成長写真を置いていってくださいます。
謎の親心を抱えながら、猫ちゃんの成長を見守る日々であります。
(も、もちろん仕事もしてますよ!)

ちなみにコモトは猫がだーいすきなのですが、
まさかまさかの猫アレルギーで猫に近づくと涙が止まりません。

涙!





■コモト、今日の一冊

今日のおすすめは、吉本隆明『なぜ、猫とつきあうのか』です。
猫ね・・・好きなんですよ(遠い目)
「愛すべき同伴者」としての猫について熱く論じられております。
猫という動物をもっと知りたくなる一冊です。



それでは、また!


 

桜の季節

書いた人:コモト

 

コモトです。
市役所への道すがら、桜!思わず写真を撮ってしまいました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




週末は人で溢れかえる吉祥寺ですが、
今週はお花見をしに井の頭公園へ行く人たちもたくさんいそうですね。

吉祥寺シアターから歩いて3分程の所に、
「二丁目SOZAI」という美味しいお惣菜屋さんがあります。
美味しいだけでなく、安い!
ここでお惣菜を買った後に、公園を歩くのも楽しそうですね。

ついでのついでに、ぜひぜひシアターにもお立ち寄りくださいませ!



■コモト、今日の一冊

今日のおすすめは、リチャード・ブローティガン 『西瓜糖の日々』です。
西瓜糖が生活の軸になっている町の話です。 
それまでまったく洋書を読む習慣がなかったのですが
この本を読んでから洋書を集めるようになりました。


それでは、また!


 

『絶頂マクベス』ポスターが届きました!

書いた人:コモト



こんにちわ!コモトです。
昨夜はまさに春の嵐でしたね・・・!
コモトは運良くお休みでしたので、一歩も外を出ず
お給料明細とにらめっこしながら
4月の観劇計画を黙々と立てておりました。。

さてさて、先ほどシアターには、14日から始まる
柿喰う客『絶頂マクベス』のポスターが届きました!
うわーカッコイイ!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



武蔵野市の各施設を中心に掲出予定です。
お見かけの際は是非まじまじと眺めてください!(笑)
とっても格好良いデザインになっています!

事業団でもまだまだチケット販売しておりますので
よろしくお願いいたします!



■コモト、今日の一冊

今日のおすすめは、みうらじゅん『PEACE』です。
ご本人の様々なマイブームにまつわるエッセイ集です。
くだらなさ満点!こういう人がいるおかげで
世界はうまく回っているのだと思わされる一冊です(笑)

それでは、また!


 

チラシ撒きの旅

書いた人:コモト

 

はじめまして、コモトです。どうぞよろしくお願いします。

ここ数日、毎日の服選びに悪戦苦闘しています。
今日は昼間の穏やかな外気に合わせて薄手のコートにしたのですが、
先ほど休憩のためコンビニに向かうと矢のような冷たい風が襲ってきました。
季節の変わり目は怖い。花粉も怖いです。

さて、先日H.Hさんとシアターでの共催公演チラシを
吉祥寺のあちこちに配布してきました。
街の案内所、お洒落なカフェ、地元の本屋さんなど・・・
快くチラシを置かせてくださったお店の方々、ありがとうございました!
 

<現在の配布場所>

ブックス ルーエ(ブックカバーが可愛い!)
・イルカッフェ(ランチのご飯が美味しい!)
A.B.cafe(深夜までやっていて便利!)
・ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店(安心の品揃え!)
・街の案内所(受付の人達が親切!)


今後も配布箇所を増やしていく予定ですので、
吉祥寺にお立ち寄りの際は是非お手にとってご覧ください!

さて、4月は柿喰う客『絶頂マクベス』、東京タンバリン『吉祥寺お散歩』と
盛りだくさんの内容でお送りします!どうぞよろしくお願いします!



■コモト、今日の一冊

古本収集が趣味なコモトが、古本屋で見つけた掘り出し物、
お気に入りの一冊を毎回勝手に紹介します。

今回ご紹介するのは、保坂和志『プレーンソング』。
陽だまりのような日々を暮らす人たちの、何気ない日常の話です。
自分と自分の周りの人たちを見つめなおしたくなるような、
訴求力のある一冊だと思います。


それでは、また!


 

こんな人たちが書いてます。

バタコ
茨城で生まれ育ち、高校時代にシェイクスピア作品と日本画に恋をして、大学では芸術学を学ぶ。納豆とたい焼きと犬と地元が大好きな食いしん坊。大人の落ち着きを身に付けるべく日々奮闘中。
 

ピンクのイヤホン
シビアな現実から目を背けるように物語の世界に逃避した10代後半に、俳優に憧れて演劇を始める。21歳の時、青年団の『東京ノート』を観て衝撃を受け、一時期平田オリザ氏の提唱する現代口語演劇に傾倒する。幾多の紆余曲折を経て、俳優の道は断念するものの、未だに演劇と関わりのある仕事をしているあたり、我ながら結構な演劇好きかも知れない。ジョン・アーヴィングの小説のようなダイナミズムに憧れるが、実生活はいたって地味というギャップに悩む。

 

↓これまで吉祥寺シアターを支えてきたスタッフたち
 
クロコ
10数年前に解散したオンシアター自由劇場で芝居を習う。その後約10年フリーの舞台監督、吉祥寺シアター開設より現在に至る。劇的、不条理を好む。


コモト
岡山県の集合住宅で生まれ、京都の大学で日本文学・戯曲の研究に勤しんだ後、卒業直前で吉祥寺シアターに内定をもらう毎度おなじみのギリギリガール。演劇に文学にお笑いにと、まだまだ多感なお年頃。


スピカ
北関東出身。社会科の資料や美術の教科書等ビジュアル的なものがあれば数時間は飽きない少年時代。学問的な成果には一向に反映されなかったが、いわゆる雑学、雑食性の素地は育まれた。進学を機に上京。都市論、哲学、美術史等に興味あり。


めろん
東京生まれ東京育ち。中高演劇部では男役ばかりで(※女子校) 女子からファンレターをもらう青春時代を過ごす。「まち×演劇」をテーマにこっそりインプロや朗読を続けながら、人生に悩むアラサー女子。